松平頼昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼昌(まつだいら よりあつ、宝暦2年1月22日1752年3月7日) - 寛政元年7月14日1789年9月3日))は、讃岐高松藩の藩主一門、松平大膳家第4代。5代藩主・松平頼恭の五男。母は池永氏。幼名は直之助、通称は大膳。養子に松平頼格

宝暦4年(1754年)、大膳家当主の頼央徳島藩蜂須賀家に養子入りしたため、その家督を相続した。当初の禄高は2000石だったが、天明5年(1785年)に加増され5000石となる。寛政元年(1789年)7月14日没。家督は弟頼裕の子の頼格が相続した。

参考文献[編集]