松平頼裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼裕(まつだいら よりひろ、宝暦3年12月7日1753年12月31日) - 寛政13年1月5日1801年2月17日))は、讃岐高松藩の藩主一門。第5代藩主・松平頼恭の七男。母は側室鈴木氏。幼名勇之助。通称一学、主計。子に松平頼格大久保頼郁

大老大久保主計家に養子入りしていた同母兄頼起が、兄の第6代藩主頼真の跡を継いだため、代わって大久保家を継ぎ大久保一学と名乗る。藩主頼起の実弟として権勢を振るった。甥の頼儀が第8代藩主となった際、藩主の叔父として松平に復姓、松平主計と名乗る。大久保家は子の頼郁が相続した。寛政13年(1801年)1月5日没。