松平頼啓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼啓(まつだいら よりゆき、天明4年12月23日1785年2月2日) - 嘉永元年7月9日1848年8月7日))は、伊予西条藩の第8代藩主。

第6代藩主・松平頼謙の三男。母は永石氏。正室は大久保忠顕の娘・美寿。側室に大熊氏。子は松平頼学(長男)。官位は従四位下、侍従、左近衛権少将。幼名は友三郎。

寛政9年(1797年)、同母兄で先代藩主の頼看が早世したため、その養嗣子として跡を継いだ。寛政11年(1799年)に叙任する。藩政においては1805年(文化2年)に近藤篤山の弟・三品容斎を登用して藩校択善堂を創設するなど文治政策に尽くした。また、多喜浜新田の開発なども行なっている。伊能忠敬の測量にも積極的に協力した。

天保3年(1832年11月25日、家督を長男・頼学に譲って隠居し、嘉永元年(1848年)7月9日、65歳で死去した。法号は秀徳院殿慈善法潤日実大居士。墓所は東京都大田区池上本門寺