和田氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

和田氏(わだし)は、中世に興隆した武家。

概略[編集]

桓武平氏三浦氏の一族、杉本義宗の子義盛が、領地(相模国三浦郡和田、和泉国和田、安房国和田などの説がある)の名前を名字として称したのが始まり。

義盛は源頼朝の挙兵に従い、また源範頼戦目付として多くの戦功を挙げ、鎌倉幕府の初代侍所別当に任ぜられた。 これにより和田氏は幕府の有力御家人の一家としての地位を築いた。

しかし後に幕府の権力を一手に掌握しようとする北条氏の挑発に乗って挙兵してしまう。 この戦に敗れ、和田氏一族は滅ぼされた(和田合戦)。

和田氏のうち、義盛の甥である和田重茂は北条氏方につき、重茂は和田合戦において戦死したものの、その遺族には越後奥山荘(現新潟県胎内市)が安堵されている。この系統はのちに揚北衆の一角を形成する和田党となり、三浦和田氏・越後和田氏とよばれる。中条氏黒川氏羽黒氏関沢氏などがある。

おもな人物[編集]

系図[編集]

 三浦義明
   ┃
 杉本義宗
   ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━┓
 和田義盛                       和田義長 和田義茂
   ┣━━┳━━━━┳━━━┳━━┳━━┳━━┳━━┓  ┃    ┃
  常盛 義氏 朝比奈義秀 義直 義重 義信 秀盛 義国 胤長   重茂
   ┃                               ┃
  朝盛佐久間家村養子)                    時茂

常陸国の三浦氏族 和田氏[編集]

常陸国佐竹氏家老に和田氏がある。この一族、平姓にして三浦氏の一門 和田氏の末裔にあたり、和田昭為戦国大名 佐竹義重の宿老として活躍した。幕紋は横引両[1]

系譜 和田大隅一昭為 ―重為―光為―以為―為重

また、前項の分家に以下の2家系あり。なお、為成の家系は出羽国十二所にあるという[1]

系譜 和田為忠―為舎―為雪―為貞―為久
和田為成―為宗―為重―為尚

幕末水戸藩の志士・義民たる和田氏[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 秋田県公文書館編『系図目録I (PDF) 』(秋田県2001年)63頁参照。
  2. ^ 明田鉄男編『幕末維新全殉難者名鑑1』(新人物往来社1986年) 264頁参照。
  3. ^ 明田鉄男前掲書(新人物往来社、1986年) 432頁参照。
  4. ^ 明田鉄男前掲書(新人物往来社、1986年) 441頁参照。

参照文献[編集]

  • 明田鉄男編『幕末維新全殉難者名鑑1』(新人物往来社、1986年)ISBN 4404013353
  • 秋田県公文書館編『系図目録I (PDF) 』(秋田県、2001年)

関連項目[編集]