揚北衆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

揚北衆(あがきたしゅう)は、鎌倉時代から戦国時代にかけて越後北部に割拠した国人豪族のこと。揚北とは阿賀野川(揚河)北岸地域のことであり、阿賀北衆ともいう。

概要[編集]

出自に応じて、小泉庄(現在の村上市一帯)を所領とした秩父党、奥山庄(現在の胎内市一帯)を所領とした三浦党、加地庄(現在の新発田市一帯)を所領とした佐々木党、白河庄(現在の阿賀野市一帯)を所領とした大見党に分類される。阿賀北地域では、鎌倉時代に武蔵の秩父氏、相模の三浦氏、近江の佐々木氏、伊豆の大見氏らの豪族が荘園地頭として越後に入国し、それぞれの所領を治めていた。時代が経つにつれて、彼らの末裔は地域支配を強化し、各領地の地名を苗字とする国人に成長していき、揚北衆と呼ばれるようになった。具体的に秩父氏は本庄氏(宗家)、色部氏鮎川氏、三浦氏は中条氏(宗家)、黒川氏、佐々木氏は加地氏(宗家)、新発田氏竹俣氏五十公野氏、大見氏は安田氏(宗家)、水原氏下条氏に分かれた。垂水氏は相模の河村氏が国衙領であった荒川保(現在の関川村一帯)の地頭に任命されて越後に入国し、室町時代に垂水氏を称するようになったとされ、大川氏については詳細は不明だが、土豪出身であると考えられる。

揚北衆は鎌倉時代からこの地を治めてきたという意識からか独立性が強く、南北朝時代以降越後を支配するようになった守護上杉氏守護代長尾氏とはしばしば対立し、室町時代から戦国時代中期における越後の政情の不安定要因の一つとなった。上杉定実の養子縁組問題(天文の乱)からこれを支持する中条藤資とこれに反対する本庄房長色部勝長鮎川清長の連合軍が争って揚北衆は分裂、独立性は衰退する。やがて、長尾氏が戦国大名化する過程で、その家臣団として組み込まれていった。しかし上杉家臣団の中でも独特の存在感と強大な軍事力を誇り、軍役帳などから上杉軍の全兵力の約3割を占めていたとされる。特に第四次川中島の戦いでの揚北衆の活躍はめざましく、色部勝長安田長秀中条藤資・垂水源二郎(荒川長実)の4名は上杉謙信から血染めの感状を賜っている。

また、長尾氏(上杉氏)に降った後も本庄繁長新発田重家五十公野信宗のように主家と対峙する一族もあり、本庄氏は帰参を許されたが、新発田氏・五十公野氏は滅ぼされた。多くの一族は主家の移封(会津→米沢)に従って土地を離れ、米沢藩に仕えた。中でも本庄氏、色部氏、中条氏、竹俣氏は藩内の家格で最上位の侍組分領家に属して家老などの重職を輩出し、藩の中枢を担った。垂水氏は江戸時代前期に本多政重の家臣となって加賀藩に仕えた。

なお、室町時代から白河庄(阿賀野市)を所領とした山浦氏山浦景国など:笹岡城)と千坂氏千坂景親など:鉢盛城)については、山浦氏は越後守護上杉家庶流であり、千坂氏は元は犬懸上杉家の家臣団筆頭(一説では犬懸上杉家庶流)で、越後に来てからは越後守護上杉家の四家老家の一つとして長尾氏と同格の家柄であったため、揚北衆には含まれない。

主な一族[編集]

大川氏村上市:藤懸城)
大川忠秀 - 長秀
本庄氏(村上市:本庄城、猿沢城)
本庄時長 - 房長 - 繁長
鮎川氏(村上市:大葉沢城)
鮎川藤長 - 清長 - 盛長 - 秀定
色部氏(村上市、粟島浦村関川村平林城
色部昌長 - 憲長 - 勝長 - 顕長長真(顕長弟) - 光長
垂水氏(関川村:垂水城)戦国期は色部氏配下。
垂水左衛門尉 - 源二郎(荒川長実) - 源太左衛門 - -左衛門
中条氏胎内市鳥坂城、江上館)
中条藤資 - 景資景泰吉江景資の子) - 三盛
黒川氏(胎内市:黒川城)
黒川清実 - 実氏 - 為実
加地氏新発田市:加地城)
加地春綱 - 秀綱 - 景綱
新発田氏(新発田市:新発田城
新発田綱貞 - 長敦重家(長敦弟)
竹俣氏(新発田市川東地区:竹俣城)
竹俣清綱 - 為綱昌綱(為綱弟、分家初代) - 慶綱(為綱嫡男) - 勝綱利綱
五十公野氏新発田市五十公野地区:五十公野城
五十公野景家 - 弘家治長信宗
大見安田氏阿賀野市安田城
安田実秀 - 長秀 - 有重堅親(河田元親三男)
水原氏(阿賀野市:水原城)
水原政家 - 隆家 - 実家 - 満家親憲(大関親信の子)
下条氏(阿賀野市:下条城)
下条実親忠親(河田元親次男)

参考文献[編集]

  • 『図説 新発田・村上の歴史』(郷土出版社、1998年)
  • 阿賀北・新発田地域 史跡ビューポイントマップ(新潟県新発田地域振興局、2008年)

関連項目[編集]