和田胤長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
和田胤長
時代 鎌倉時代前期
生誕 寿永2年(1183年
死没 建暦3年5月9日1213年5月30日
別名 通称:平太
氏族 和田氏
父母 父:和田義長
テンプレートを表示

和田 胤長(わだ たねなが)は、鎌倉時代前期の御家人和田義盛の甥。弓の名手と伝わる。

略歴[編集]

寿永2年(1183年)、和田義長の嫡男として誕生。

建暦3年(1213年)、和田義盛の子である義直義重らと共に泉親衡の乱の謀議に加わり、捕縛された。このとき義盛の嘆願により義直、義重は赦免されたが、胤長一人だけ赦されず、陸奥国岩瀬郡に配流となった。

没収された胤長の屋敷は一旦は義盛が拝領することとなったが、義時の反対に遭い、結局は北条氏の預かりとなったため、面目を潰された義盛は北条氏を打倒する意思を固め、同年の和田合戦に繋がる事となった。胤長は和田合戦の後、配流地で処刑された。