深沢氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

深沢・深澤氏(ふかさわし・ふかざわし)は日本氏族

神姓諏訪氏族[編集]

本姓神氏とし、諏訪神社大祝 諏訪氏庶流に深沢氏あり。信濃国伊那郡深沢より起こる。[1]

系譜 神太夫盛行―神太郎行長―深沢四郎行衡―忠尚―鬼太郎行尚

清和源氏佐竹氏族[編集]

本姓を源氏とする深沢氏は清和天皇第六皇子 貞純親王の王子 経基王を祖とする清和源氏家系で、二代源満仲の四男 頼信を祖とする河内源氏の二代 頼義の三男 新羅三郎義光の長男 源義業の子 佐竹昌義にはじまる常陸源氏 佐竹氏の庶流にあたる。野沢遠江守秀辰の末裔で、平姓清兵衛が同氏を冒すという[1]。また、関連情報については本項 常陸国の深沢氏の節を見よ。

清和源氏秋山氏族[編集]

同じく新羅三郎義光の末裔に別系統の深沢氏あり。即ち、甲斐源氏の秋山氏の庶流。即ち、義光の三男で甲斐源氏の祖 武田冠者義清と佐竹の祖 義業の女との間に生まれた源清光の流れを汲み、その三男 加賀美遠光の嫡男 光朝より秋山氏起こる。その裔、帯刀左衛門光章の孫 六郎左衛門尉光盛、山梨東郡深沢に拠りて深沢氏を名乗るという。その十代の後胤 深沢幸左衛門光景という[1]

常陸国の深沢氏[編集]

水戸藩士に深沢閑水忠次なる者あり、同じ水戸徳川家中安島七郎左衛門信可の三男 八次郎信之を養子とするという[2]

また、幕末維新期水戸天狗党に属し、戦った水戸藩士として深沢悌之進忠善がいる。悌之進は深沢忠次郎忠純の子で床机廻りを務める。天狗党に与した後、捕えられ、慶応元年(1865年7月8日下総国古河で獄死する。享年22。靖国神社合祀[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 太田亮著、上田萬年三上参次監修『姓氏家系大辞典 第3巻』(角川書店1934年)3134頁参照。
  2. ^ 財団法人水府明徳会彰考館蔵『水府系纂』第45巻8.5丁、145丁
  3. ^ 明田鉄男編『幕末維新全殉難者名鑑1』(新人物往来社1986年)353頁参照。

参考文献[編集]

  • 明田鉄男編『幕末維新全殉難者名鑑1』(新人物往来社、1986年)ISBN 4404013353
  • 太田亮著、上田萬年、三上参次監修『姓氏家系大辞典 第3巻』(角川書店、1934年)
  • 財団法人水府明徳会彰考館蔵『水府系纂』第45巻8.5丁、145丁

関連項目[編集]