長山氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長山氏(ながやまし)は、日本氏族のひとつ。

長山氏とは[編集]

複数の系統あり、下記に個々の概要を示す[1]

清和源氏佐竹氏族 長山氏[編集]

清和源氏佐竹氏族の長山氏の遠祖は清和天皇第六皇子 貞純親王の王子 経基王と仰ぎ、その子 満仲の四男 河内源氏の祖 頼信の系統を引ぐ。河内源氏の系統は、平忠常を平定した頼信、前九年の役を平定した頼義と経基王以来代々鎮守府将軍を務め、武門の棟梁としてその地歩を固め、東国に広大な勢力を有した。佐竹氏族は頼義の三男 源義光の長男 義業の子 佐竹昌義にはじまる。

昌義の孫佐竹秀義の子北酒出季義承久の乱で戦功を挙げて、美濃国に所領を与えられて、その支配を任されて美濃佐竹氏(袋田氏とも)の祖となった。その後裔の北酒出光家(舜方)は土岐氏一族の武将 蜂屋冬親(または原冬親)の娘を生母とし、同国で勢力を持ち、二男二女を儲けた。嫡男は北酒出弾正少弼澄常、次男は長山左門基親と名乗り、長女は同じ源義光流の甲斐源氏 武田尚信の養女となり、次女は飛騨国司 姉小路氏となった[3]。基親の子の馬場政直江戸幕府に対して家臣の車斯忠とともに謀反を企んだために処刑された。

清和源氏(摂津源氏)流長山氏[編集]

同じく清和源氏で源満仲の長男 頼光を祖とする摂津源氏の系統に長山氏がある。その遠祖は兵庫頭源仲政源三位頼政と仰ぎ、隼人佐常頼の代に美濃国住人 山県出羽守に同道して常陸国に入るという[4]

系譜 兵庫頭源仲政-源三位頼政-兼綱-右馬権守頼茂-伊豆守頼氏-藤寿丸国頼-式部大輔定頼-越前守氏頼-大和守柳頼-内近佐義頼-治部輔明頼-石見守為頼-蔵人佐清頼-上野守政頼-下野守盛頼
-大膳亮時頼-◎長山隼人佐常頼-若狭守行頼-備中守柳頼-山城守晴頼-丹後守房頼-兵部大輔願頼-但馬守頼重-右馬佐頼直-七左衛門頼忠-喜左衛門頼通-喜左衛門頼恭---

佐竹家臣 長山氏[編集]

これら佐竹氏族系、摂津源氏系の長山氏はそれぞれ佐竹家臣として見え、佐竹家中の衆として長山勘解由の名が見える[5]。子孫は秋田藩士或いは水戸藩郷士として続いた。なお、常陸国の長山氏の家紋としては丸に四つ目、丸に九枚笹丸に剣片喰三つ盛り亀甲に花菱を用いる家が多い[6]

秋田藩士 長山氏[編集]

  • 長山美濃流

佐竹氏家臣として秋田転封に随行し、秋田藩士となった家系に長山美濃の系統がある。本姓源氏[7]

系譜 長山美濃―加賀守―豊後―竪綱―孝秀―調綱―茂平太綱尚
  • 長山頼種流

同じく秋田藩士に源姓の長山頼種流がある[8]

系譜 長山頼種-頼長-頼勝-頼香-頼廣-八郎兵衛頼安
  • 長山蔵人流

はじめ出羽国仙北郡角館城主 戸沢盛安に仕える。その後、最上義光に仕え、山形藩士となるが元和8年(1622年)山形藩改易に伴い流離し、仙北郡に蟄居後、秋田新藩主となった佐竹義宣に仕え歩行勤仕となるという。幕紋は鶴[9]

系譜 長山蔵人-若狭-彦兵衛―盛亍―久平盛常
  • 長山七左衛門流

長山七左衛門の子 長山喜左衛門頼道の代に佐竹義宣に随い、常陸国より出羽国秋田郡大館に移住するという[10]

系譜 長山七左衛門一頼道―頼泰―弥平次頼意
  • 長山六郎左衛門頼晴流

佐竹義宣に随い、常陸国より秋田郡大館に移住するという[11]

系譜 長山六郎左衛門頼晴-頼宗-七郎兵衛頼茂
  • 長山頼定流

家伝によれば摂津源氏流長山氏であるという。頼定の代に常陸国から秋田転封に随行し、平鹿郡横手に住み、45石を給されるという[12]

系譜 長山亦五郎頼定―頼次―頼久―頼冬―伝右衛門頼央

水戸藩郷士 長山氏[編集]

なお、佐竹氏の庶流 長山氏のうち佐竹氏の秋田転封に随行しなかった者はそのまま常陸国に留まった。それらの者は水戸藩の郷士として取り立てられたという[13]

尊王志士・義民としての長山氏[編集]

また、上記の水戸藩郷士 長山氏及び同じ常陸国内で長山姓を有する者で幕末、天狗党の乱に加わった者がいたとされる。以下、それらの面々について概説する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 太田亮著、上田萬年三上参次監修『姓氏家系大辞典 第3巻』(角川書店1934年)4302頁参照。
  2. ^ 頼基流は明智氏惟任氏)、妻木氏岩手氏と称し、元頼流は小里氏と称した。
  3. ^ 太田亮前掲書(角川書店、1934年)4302頁参照。
  4. ^ 常陸太田市史編さん委員会編『佐竹家臣系譜』(常陸太田市、1982年)299頁参照。
  5. ^ 大内政之介著『山入一揆と佐竹氏』(筑波書林、1991年)106頁参照。
  6. ^ 日本家紋研究会編『家紋でわかるあなたの祖先 茨城県北部地方』(日本家紋研究会、2001年)61頁参照。
  7. ^ 子孫に長山四郎左衛門道寛あり。秋田県公文書館編『系図目録I (PDF) 』 (秋田県、2001年)122頁参照。
  8. ^ 秋田県公文書館前掲書(秋田県、2001年)87頁参照。
  9. ^ 子孫に半七盛與治右衛門盛冨がいる。秋田県公文書館前掲書(秋田県、2001年)87頁参照。
  10. ^ 秋田県公文書館前掲書(秋田県、2001年)87頁参照。秋田県公文書館前掲書(秋田県、2001年)87頁参照。
  11. ^ 子孫に長山和右衛門頼保がいる。秋田県公文書館前掲書(秋田県、2001年)87頁参照。
  12. ^ 常陸太田市史編さん委員会前掲書(常陸太田市、1982年)299頁参照。秋田県公文書館前掲書(秋田県、2001年)87頁参照。
  13. ^ 瀬谷義彦『水戸藩郷士の研究』(筑波書林2006年)11頁~13頁参照。
  14. ^ 明田鉄男『幕末維新全殉難者名鑑1』(新人物往来社、1986年)423頁参照。
  15. ^ 明田鉄男前掲書(新人物往来社、1986年)402頁参照。
  16. ^ a b 明田鉄男前掲書(新人物往来社、1986年)400頁参照。
  17. ^ 明田鉄男前掲書(新人物往来社、1986年)407頁参照。
  18. ^ 明田鉄男前掲書(新人物往来社、1986年)30頁参照。
  19. ^ 明田鉄男前掲書(新人物往来社、1986年)228頁参照。
  20. ^ 明田鉄男前掲書(新人物往来社、1986年)231頁参照。
  21. ^ 明田鉄男前掲書(新人物往来社、1986年)371頁参照。

参照文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]