ホワイトボード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホワイトボードの一例

ホワイトボードは連絡用掲示板などに使われる、滑らかなつやのある白い白板(はくばん)ともいう。

ホワイトボードの表面はエナメル磁器鉄鋼などでコーティングされている窯業製品である。この上に、インクを使うホワイトボードマーカー(色はが中心)を使って書く。このマーカーは通常のマジックペンと異なって剥離剤が含まれており、筆跡とホワイトボードの間に剥離剤の層が形成されることで、乾いたで拭くと簡単に筆跡を拭き取れるため、何度も繰り返して書き消しが出来る[1][2]。なお透明な剥離剤層が残った場合は水拭きで清掃できる。ホワイトボードは、マーカーと字消し(柔らかい芯にフェルト布を巻き付けて字を消しやすくした物が主)をセットにして販売されることが多い。

ホワイトボードの登場以前は、黒板が連絡用の掲示板として主流だった。しかし、黒板に使われるチョークは、筆記の際に出るが汚れたり、吸引による健康被害が騒がれ始めたため、筆記の際に粉が出ず、手も汚れにくいホワイトボード1985年頃から一般的になり始めた。黒板よりも高価だが、チョークの粉が出ない分、掃除は楽である。

を芯材に用いているホワイトボードには磁石がくっつくため、連絡プリントを挟んで一緒に掲示したり、字消しとマーカーを磁石でくっつけておけるので便利である。日程表などで用いられるホワイトボードには最初から日付や予定などを書く欄が黒色の枠で描かれている。

間違って油性のマジックペンを使うと、字が消えなかったり黒く跡が残ったりすることがあるが、上からホワイトボードマーカーで字をなぞって消すと、きれいに字が消える。

関連製品[編集]

他に下記のような製品が存在する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ホワイトボードマーカーのページ”. 日本筆記具工業会. 2016年9月14日閲覧。
  2. ^ 井上繁康 (2003). “絵具講座 (第X講) サインペン・マーカー”. J. Jpn. Soc. Colour Mater. (色材) 76 (1): 40-46. doi:10.4011/shikizai1937.76.40. 

関連項目[編集]