堤宝山流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
堤宝山流
つつみほうざんりゅう
発生国 日本の旗 日本
発生年 室町時代
創始者 堤山城守宝山
主要技術 和良、剣、槍、棒、捕縄術、鎖鎌
  

堤宝山流(つつみほうざんりゅう)は、日本古武道流派柔術剣術などの総合武術である。

歴史[編集]

室町時代に開流した。

流祖は、小具足の達人の堤宝山である。

明治時代に制定された警視流木太刀形に、当流の技「八天切」が採用されている。

参考文献[編集]

  • 森田栄『堤宝山流秘書』

関連項目[編集]