鐘捲流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

鐘捲流(かねまきりゅう、別名:外他流)は、流祖・鐘捲自斎中条流を学んだ後に創始した武術の流儀。ただし現在確認されている鐘捲流の伝書では鐘捲自斎の次代が伊藤一刀斎となっているものもある。

鐘捲流
かねまきりゅう
使用武器 日本刀
発生国 日本の旗 日本
発生年 戦国時代
創始者 鐘捲自斎
源流 中条流
  

剣術を始め、小太刀等の技術を伝えていた。前橋藩新発田藩などで伝承されていた。

現在、鐘捲流抜刀術を称する流派があるが、第二次大戦中に継承者が全てを伝えずに戦死したため、鐘捲流のうち本来あった組太刀が失伝し、抜刀術のみが残ったものだという。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]