新田宮流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新田宮流(しんたみやりゅう)は和田平助正勝が興した抜刀術(居合)の流派

和田は朝比奈夢道に田宮流居合術を学び、また水野新五左衛門に水野流を学んだ後にこれらを工夫し新田宮流を興す。

弟子に新田宮流を学んだ後に脱藩し、江戸で自鏡流を開いた多賀権内盛政がいる。

現在も水戸東武館に継承され、水戸市無形文化財に指定されている。

外部リンク[編集]