水府流太田派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水府流太田派(すいふりゅうおおたは)は、日本泳法の流派のひとつ。

1878年(明治11年)に水戸藩の水府流をもとに太田捨蔵によって考案された[1]日本水泳連盟が認定する13流派のうちのひとつ[2]東京高等師範学校が水泳課目に水府流太田派を取り入れたため、教育の場を通じて同流は全国的に普及した[3]現在の日本泳法の中で最も游泳人口の多い流派[要出典]である。泳法は一重伸、二重伸、大抜手、その他である[4]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 水府流太田派”. 日本大百科全書(ニッポニカ). コトバンク. 2017年8月23日閲覧。
  2. ^ 水府流太田派”. 霞ヶ丘游泳会. 2017年7月17日閲覧。
  3. ^ 原英喜 二木謙一、入江康平、加藤寛(編)「小堀流・神伝流と諸流派」『日本史小百科 武道』東京堂出版 1994 ISBN 4490202318 pp.107-109.
  4. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ). 小学館. (1984-1994).