豊島陽蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
豊島陽蔵

豊島 陽蔵(てしま ようぞう、嘉永5年9月3日1852年10月15日) - 大正11年(1922年2月9日)は、日本の陸軍軍人政治家。最終階級は陸軍中将広島市[1]。広島県平民[1]

経歴[編集]

安芸国矢賀(現在の広島市東区)出身[2]。豊島文礼の二男[1]

明治8年(1875年)2月、陸軍兵学寮に入り、同年12月、陸軍士官学校に入学。明治10年(1877年)4月、陸軍教導団付・見習士官となり、同年11月、陸士に帰校。明治12年(1879年)2月、砲兵少尉に任官し、同年12月、陸士(旧2期)砲兵科を卒業した。

明治13年(1880年)5月、大阪鎮台野戦砲兵第2大隊付となり、教導団教官、要塞砲兵幹部練習所練習員を経て、明治23年(1890年)5月、砲兵少佐に昇進し要塞砲兵第1連隊大隊長となる。その後、砲兵第2方面副提理、要塞砲兵幹部練習所長を歴任。明治27年(1894年)11月から翌年11月まで日清戦争に出征し、この間、臨時徒歩砲兵連隊長、東京湾要塞保塁団司令官を務めた。

明治28年(1895年)11月、砲兵会議審査官に就任、陸軍要塞砲兵射撃学校長に異動し明治30年(1897年)10月、砲兵大佐に進級した。明治32年(1899年)10月、東京湾要塞砲兵連隊長に発令され、明治35年(1902年)5月、陸軍少将に昇進し要塞砲兵監に就任。翌年1月、野戦砲兵監を兼務した。

明治37年(1904年)5月、攻城砲兵司令官兼第3軍砲兵部長に発令され日露戦争に明治38年(1905年)6月まで出征。旅順攻囲戦では第3軍の全砲兵を指揮した。明治38年(1905年)1月、独立重砲兵旅団長に転じ奉天会戦に参戦した。

明治39年(1906年)2月、要塞砲兵監に就任、重砲兵監に異動し、明治41年(1908年)12月、陸軍中将に進んだ。大正元年(1912年)9月に待命となり、翌年9月に休職。1914年(大正3年)1月7日、予備役となる[3]1915年(大正4年)4月1日に後備役となり[4]1919年(大正8年)4月1日に退役した[5]

大正3年(1914年)1月29日広島市長に就任、同年4月2日退任[6]

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

家族・親族[編集]

豊島家[編集]

広島県安芸郡矢賀村[1](現在の広島市東区))
安政3年8月生[1] - 没
明治8年(1875年)2月生[1] - 没
  • 同妻・不二子[1](広島県平民、佐々木省吾長女[1]
明治24年(1891年)2月生[1] - 没
  • 男・[1](広島県平民、林キシの養子になる[1]
明治14年(1881年)5月生[1] - 没
  • 男・[1](陸軍軍人)
明治18年(1885年)12月生[1] - 没
明治26年(1893年)10月生[1] - 没
明治21年(1888年)3月生[1] - 没
明治25年(1892年)2月生[1] - 没
明治31年(1898年)2月生[1] - 没
明治33年(1900年)11月生[1] - 没

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae 『人事興信録. 4版』(大正4年)て二頁
  2. ^ 豊島医院 - iタウンページ
  3. ^ 『官報』第431号、大正3年1月8日。
  4. ^ 『官報』第812号、大正4年4月20日。
  5. ^ 『官報』第2009号、大正8年4月17日。
  6. ^ 歴代広島市長(広島市ホームページ)
  7. ^ 『官報』第3521号「叙任及辞令」1895年3月29日。
  8. ^ 『官報』第4302号「叙任及辞令」1897年11月1日。
  9. ^ 『官報』第451号「叙任及辞令」1914年1月31日。
  10. ^ 『官報』第3671号「叙任及辞令」1895年9月21日。
  11. ^ 『官報』第3824号・付録「辞令」1896年4月1日。
  12. ^ 『官報』第4027号「叙任及辞令」1896年11月30日。
  13. ^ 『官報』第6426号「敍任及辞令」1904年11月30日。
  14. ^ 『官報』号外、「叙任及辞令」1906年12月30日。

参考文献[編集]