当身

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

当身(あてみ)もしくは当身技(あてみわざ)とは、日本において古くから伝承される古武術武道急所を「突く・殴る・打つ・蹴る・当てる」などの技術の総称である。

主に、柔道をはじめとする、柔術で使うパンチキックの事を指す意味で使われる。

中身(あてみ)、(あて)とも書く。

流派によっては砕き(くだき)、殺活術殺法勝身術ともいう。

時代劇などで、急所や腹部を打って気絶させる技も当身である。

柔術における当身[編集]

型の中にも当身が多く含まれるが、各急所への当て方、どのタイミングで当てるか、どのような効果があるかなどのより詳細な当身 殺法は、活法や整骨法などと同じ位置づけであるため型とは別に伝えられる。また、殺法(当身)は活法とは表裏の関係である。

柔術は、現代ではその「柔」という字を含む名称からか、当身を多用しないというような捉え方をされることもあるが実際にはそうではなく、多くの流派で重要視されている。

例えば、合気道天神明進流では「当身7分に技(投げ)3分」といい、当身を重要視している。

また、現存の古武道の中では柳生心眼流諸賞流などが当身中心の稽古を公開している。

また、高木流でも戦前から剣道の防具の胴を着けて肘打ち手刀打ち蹴りを直接当てる稽古をしている。

一般に、危険を伴うことから、乱取りや試合では禁止されることが多かった。

当身に用いられる部分は、頭(額、頭頂部、後頭部)、肩、肘、手、尻、腰、膝、足、踵などである。後述するが、刃物ではない道具で当てることも当身と言った。

當身(殺法)[編集]

流派によっては中身(あてみ)、当、中(あて)、中殺法、砕き(くだき)、勝身、勝身術ともいう。

拳、膝、足、手刀等を以て急所に打撃、衝突、圧迫を行い敵を失神又は絶命させる術であり、多くの流派で型が終了した後に口傳として伝えられた。 一部の流派では早い段階で学ぶ場合もある。

當身(殺法)の概要[編集]

殺法は、敵が立っていても倒れていても、敵の状況に関わらず隙があればいつでも当てることができるもので多くの流派で秘術とされていた。

主に当てる場所(急所)と当てる方法を学ぶ。また蘇生法である活法を併せて学ぶこともある。

楊心流では、急所の位置、当て方の研究が進んでおり、数多くの急所とそれに対する活法、殺法が伝わっていた。

逆に流派によっては、大雑把な急所位置(のど、あご、ミゾオチ、後頭部等)しか伝えていない場合もあった。

どちらの場合でも、多くの流派で急所の位置や効果的な当て方は、ある程度修行が進んだ門人にのみ伝えられることが多かった。

また、柔術では伝書に記す時に急所名を書くが、これは急所と当身両方の名称を兼ねているからである。

例えば、水月と書いてある場合、水月への突き、蹴り、打ち等々水月への当身全般を指す。

流派により拳の握り方、突き方、蹴り方、打ち方、各急所への当て方が異なる。

近代における當身(殺法)の研究[編集]

殺法の研究では、明治16年東京大学の命により医学博士大澤謙二天神真楊流柔術師範の井上敬太郎の協力を得て調査したのが最も古いとされている。この調査で西洋医学の解剖学により柔術の殺法が人体に及ぼす影響が解明された。

大澤謙二は天倒烏兎人中獨鈷秘中村雨松風膻中雁下、小方、水月、電光三ッ當、月影電光明星尺澤草靡高利足釣鐘の二十箇所の急所とその当て方、蘇生法である活法、死相の鑑別法を調査した。


当身鍛錬法[編集]

各流派によって様々な鍛錬法が伝承されている。

伝統的な柔術での当身の鍛錬法

  • 物(立ち木、板、亀の甲羅、砂袋)に当てる。
  • 樽の蓋を提げ、それを蹴割る。
  • 防具を付けて実際に当てる。(撃剣で用いる胴や専用の防具などを使う)
  • 高い所を蹴り上げる。
  • 正座から蹴る。
  • 稽古場の羽目板に当てる。
  • 柱に当てる。
  • 防具を柱に固定して当てる。
  • 畳を立てかけて当てる。

流派によっては、素焼きつぼを布団など柔らかな物で包んで、つぼを倒さないように割るような当身が良い、などとされる。

柔道の当身[編集]

柔道において当身技は、試合や乱取りでは禁止されているが、柔道形の中で用いられる。

起源[編集]

当身を重視した天神真楊流から、急所や活法が伝えられている。

起倒流にも当身(中)の要訣の伝承があるが、講道館にどこまで伝えられたかは不明である。

用いる部位[編集]

手刀、正拳、裏拳、渦巻(豊隆部)、掌底、肘、膝、ショ頭部、踵、足刀。

急所[編集]

天倒、霞、鳥兎、獨鈷、人中、三日月、松風、村雨、秘中、タン中、水月、雁下、明星、月影、電、稲妻、臍下丹田、金的(釣鐘)、肘詰、伏兎、向骨。

[編集]

「精力善用国民体育の形」に単独練習法がある。

合気道の当身[編集]

  • 合気道において当身が用いられるのは前述の通りだが、その目的は相手の肉体を傷つけることではなく、相手の動きを牽制したり、急所を防御しようとする反応(目を突かれそうになって上半身を仰け反らせるといった動き)を誘い体勢を不安定にさせることにある。
  • 合気道の「入身」「転換」といった体捌きも、本来は相手の当身を躱しつつ当身を入れられる位置に入ることを主眼としている。
  • 合気道では柔道のような乱取りは行われないが、理由の一つとして試合を行えば急所への当身によってお互いに重傷を負う可能性があること、逆に当身を禁止すれば技が変質してしまうことが挙げられる(開祖植芝盛平自身、「試合は“死合い”に通じる」として厳に戒めた)。

武器を用いた当身[編集]

日本の伝統的な武術では、刃物以外の武器を使って急所に当てる場合も当身とよぶ。

例としては十手隠し武器の類、の各部分(柄頭、鯉口、鐺、)などである。

当身二分類[編集]

  • 本当(ほんあて):敵に対して、当身をまともに当てる若しくはその技術単体のみで敵を仕留める・仕掛けることを指す。
  • 仮当(かりあて):敵に対して、その技術単体のみで仕留めず、体勢を崩すことや誘いを主目的として当身を行うこと。

寸止めを含むことがある。

*この分類は近年になって区分けされた用語である。昔日は各流派により異なる用語を用いていた。

ゲーム用語における「当て身」の誤用[編集]

対戦型格闘ゲーム餓狼伝説』において、ギース・ハワードが「当て身投げ」という必殺技を持っていた。

これは相手の打撃技(当て身)を受け止めて投げ飛ばして反撃するという「当て身を投げる技」であった。これを一部のゲーム雑誌が「当て身」と略述したことや、プレイヤー同士も会話に於いてこの技を「当て身」と略して表現する場合が多かったため、その後の対戦型格闘ゲームなどにおいて「相手の攻撃を受けることで反撃に転じる技」(いわゆる「カウンター技」)の総称として「当て身」が定着した。


参考文献[編集]

  • 『学芸志林』
  • 『武医同術』
  • 『柔術生理書』

関連項目[編集]