ジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガス
Getúlio Dornelles Vargas
Getulio Vargas (1930).jpg

任期 1930年1945年
任期 1951年1954年

出生 1882年4月19日
サン・ボルジャ
死去 1954年8月24日(満72歳没)
リオデジャネイロ
配偶者 ダルシー・サラマーニョ・ヴァルガス
署名 Getúlio Vargas Signature.svg

ジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガスGetúlio Dornelles Vargas, 1882年4月19日1954年8月24日)は、ブラジルの政治家。1930年から1945年までの間と、1951年から1954年までの間にブラジル大統領を務めた。愛称はGEGE(ジェジェ)。

経歴[編集]

1882年にブラジル南部リオグランデ・ド・スル州サン・ボルジャSão Borja)で生まれた。ポルト・アレグレ法科大学卒業後に政界入りする[1]1911年3月ダルシー・リマ・サラマーニョと結婚した。政治家としては州議会議員、連邦議会議員を経て、1926年から1927年には大蔵大臣も務めた。

1930年の大統領選挙で敗れるが、当時の政治腐敗などの不満を背景に、軍事クーデタを成功させて政権を掌握した。統一国家の建設を目標にサンパウロの反乱を鎮圧し[1]1934年に議会から認められて正式に大統領の座についた。中央集権的でファッショ色の強い新憲法を制定し、イデオロギーの国家統一を口実に共産党の反乱を鎮圧した[1]

1937年、大統領選挙を目前とする中で、再び軍事行動によって選挙を中止させると、議会も解散させて独裁政治を行った(この時期をエスタード・ノーヴォ体制(新国家体制)とも称する)。新国家の樹立にも力を尽くした極右政党のインテグラリスタ党も解散させた[1]。労働者の保護と規制による体制化、資源の国有化、有色移民の制限を規定した憲法によって、イタリアやドイツの全体主義に似た理念で自主外交の確立と統一国家の形成を目指した[1]。やがて対アメリカ合衆国との協調路線を明らかにして、1944年にはイタリア戦線に派兵した[1]

ヴァルガスの独裁は第二次世界大戦中も続くが、終戦後の1945年10月末に軍事クーデタが起こり失脚した。しかし同じ年のうちに上院議員に選出された[1]

1951年には、ヴァルガスはかつてのような軍事クーデタでなく、ブラジル史上初の民主的選挙によって大統領に就任した。その際、都市プロレタリアートや左翼からの支持を集めるため、その政治姿勢はかつてより左傾化しており、このために第二次ヴァルガス政権と、以降1964年までの諸政権の時代をポプリズモ時代と呼ぶ。彼の民族主義的、ポプリスタ的姿勢は都市労働者や中流階級を引きつけたが、戦後の好況期の終わりとともに支持も衰退した[1]

政権末期は国民解放党(共産党)に接近した。1954年にはこれに反発を抱いたアメリカ合衆国から独裁政治を糾弾される。また、反大統領の姿勢をとるジャーナリスト暗殺計画などへの関与も疑われ、ヴァルガスへの退陣要求が強まった。こうした中、1954年8月25日にヴァルガスはピストル自殺を遂げた。

エピソード[編集]

ブラジルを代表するミュージシャンであるエドゥ・ロボシコ・ブアルキの共作曲である(Dr. Getulio)では、彼は国民から最も愛された首領で、革命が成功してからずっと自由主義のリーダーを務め、資本家と闘い高い国際的利益をもたらしたと讃えている。この曲はシモーネによってカヴァーされた。

1962年より発行されていた旧10クルゼイロ紙幣に肖像が使用されていた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h ラテン・アメリカを知る事典、p.308 バルガスの項(乗浩子執筆)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ワシントン・ルイス
エウリコ・ガスパル・ドゥトラ
ブラジルの旗 ブラジル連邦共和国大統領
第14代:1930年 - 1945年
第17代:1951年 - 1954年
次代:
ジョゼ・リニャレス
カフェ・フィーリョ
先代:
ボルジェス・ヂ・メデイロス
Bandeira do Rio Grande do Sul.svg リオ・グランデ・ド・スル州知事
1928年 - 1930年
次代:
オスワルド・アラーニャ