フェルナンド・コロール・デ・メロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェルナンド・コロール・デ・メロ
Fernando Collor de Mello
Fernando collor.jpg

任期 1990年3月15日1992年12月29日
10月2日から職務停止)
副大統領 イタマル・フランコ

任期 2007年2月1日

Bandeira de Alagoas.svg アラゴアス州
第55代知事
任期 1987年3月15日1989年5月14日

出生 1949年8月12日(67歳)
リオデジャネイロ
政党 (民主社会党→)
(ブラジル民主運動党→)
(国家再建党→)
(ブラジル労働再生党→)
ブラジル労働党
配偶者 あり

フェルナンド・コロール・デ・メロ(Fernando Collor de Mello、1949年8月12日 - )は、ブラジル政治家。第32代ブラジル連邦共和国大統領。元空手チャンピオン。

1982年民主社会党から連邦下院議員に当選し、1986年アラゴアス州知事選では、ブラジル民主運動党の支持により当選。民主化後の1989年11月、ほぼ30年ぶりにの一般の投票による大統領選挙に出馬、職業政治家に対する痛烈な批判を展開して、労働党のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァに僅差で勝利した。政策では、前政権の穏健的改革を残しながらも、自由化を目標にする経済開放政策を進めた。洗練されたファッション・センスや男らしさを自慢する挑発的な発言で毎日のように新聞のトップを飾ったが、1992年の終わりには汚職疑惑で上院が弾劾裁判を行い、大統領職を永久に剥奪するかどうか決定する間、彼は180日間の職務停止を下院より命じられた。同年12月29日、上院が彼の汚職嫌疑の審議を開始した数分後辞任したが、上院は彼を告発することを可決した。投獄は免れたが8年間の公職追放処分を受けた。処分終了後の2002年にはアラゴアス州知事選に出馬したが、現職知事に敗れた。2006年の上院選アラゴアス州選挙区から出馬して当選し、政界に復帰した。2014年に再選。

また、2010年から4年にわたり、ペトロブラス子会社のBRディスブイドーラ社との契約で企業に便宜を図り、約300件、計2600万レアルの収賄を行った容疑で起訴された[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ジョゼ・サルネイ
ブラジルの旗 ブラジル連邦共和国大統領
第32代:1990 - 1992
次代:
イタマル・フランコ
先代:
José de Medeiros Tavares
Bandeira de Alagoas.svg アラゴアス州知事
第55代:1987 - 1989
次代:
Moacir Lopes de Andrade