ジルマ・ルセフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジルマ・ヴァナ・ルセフ
Dilma Vana Rousseff
Dilma Rousseff - foto oficial 2011-01-09.jpg

任期 2011年1月1日2016年5月12日(職務停止日)
副大統領 ミシェル・テメル

出生 1947年12月14日(68歳)
ミナスジェライス州ベロオリゾンテ
政党 労働者党
署名 Signature of Dilma Rousseff.svg

ジルマ・ヴァナ・ルセフ: Dilma Vana Rousseff1947年12月14日 - )は、ブラジルエコノミスト及び政治家。現在、同国大統領(第36代、2011年 - 2016年5月12日より職務停止中)。ブラジル史上初めての女性大統領である。

[編集]

姓のRousseffはブルガリア人の父がブルガリア姓のRussevをフランス語風にしたもの。ポルトガル語を母語とする大多数のブラジル人にとっては読みにくい綴りで、国民にはファーストネームでジルマ大統領と呼ばれることが多い[1]

経歴[編集]

学歴[編集]

主要職歴[編集]

  • 1986年~1988年:ポルトアレグレ市リオグランデ・ド・スル州都)財務局長
  • 1991年~1993年:“リオグランデ・ド・スル州経済・統計財団”総裁
  • 1993年~1994年:リオグランデ・ド・スル州鉱山・エネルギー・通信長官
  • 1999年~2002年:リオグランデ・ド・スル州鉱山・エネルギー・通信長官
  • 2003年~2005年:鉱山エネルギー大臣
  • 2005年~2010年3月:大統領首席補佐官
  • 2011年1月~:ブラジル連邦共和国大統領
  • 2016年5月~:弾劾裁判開始により180日間の職務停止

人物[編集]

ミナスジェライス州の州都・ベロオリゾンテ出身。ブルガリア人の父親とブラジル人の母親の間に生まれる。

1960年代の軍事政権時代において非合法左翼ゲリラ組織の武力闘争に参加、秘密警察に拘禁された経験もある。1967年9月、同じゲリラ組織で活動していたジャーナリストと結婚するも、70年代末に離婚した。その後、政治活動家の男性と再婚するも2000年に離婚している。

1979年の政党改革法制定で政党結成が自由化されるとブラジル労働党(PTB)の再編に参加したが、その後離党し民主労働党(PDT)に参加した。1999年に労働者党(PT)へ参加した。

ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ政権下で鉱業エネルギー相、官房長官を務めた。大統領の右腕的存在としても知られ、PAC(経済成長加速計画)英語版の推進役として活動、ルーラ大統領からは「PACの母親」と呼ばれた。

2010年に大統領選挙に出馬し、ジョゼ・セラ英語版決選投票で下して当選[2]2011年1月1日に就任し、ブラジル史上初の女性大統領となった。就任式にはアメリカのヒラリー・クリントン国務長官や日本の麻生太郎内閣総理大臣らが出席している。

2013年には2013年ブラジル抗議運動が起き、切っ掛けは交通機関の運賃値上げであったがやがては教育、医療などの社会福祉に優先してFIFAワールドカップブラジル大会に巨額の投資を行ったことに対する抗議に発展し、ルセフ大統領はこの対応に追われた。その後も継続的にルセフ政権に対する批判が続出し、2014年に入って支持率は3割台にまで落ち込んだ。

だが、大きな批判もありつつ国の威信をかけて臨んだワールドカップ本選において母国ブラジル代表が順調に決勝トーナメントまで勝ち上がると批判は沈静化し、逆に支持率上昇に繋がった[3]

ブラジルは優勝候補の一角として同大会の決勝トーナメントベスト4まで勝ち進み、このまま行けば大会の成功によりルセフ大統領の支持率も回復が進み、同年10月の大統領選再選の弾みになると地元各紙も報道した。ところが、同年7月9日ベロオリゾンテミネイロン・スタジアムで行われたドイツとの準決勝にて、ブラジルは7点を失い1点を返すのが精一杯であったほどの歴史的大敗を喫し、母国開催優勝の可能性は潰えた(ミネイロンの惨劇)。やり場のないブラジル国民の怒りは沈静化していた大会開催そのものへの批判やルセフ大統領自身への批判を再燃させることに繋がり、一夜にして状況は一転した[4]

2014年の大統領選挙ではブラジル経済の低迷によって苦戦を強いられたが[5]、中道右派の野党・ブラジル社会民主党(PSDB)のアエシオ・ネベス英語版候補との決選投票を51.52%という僅差で制し、再選された[6]

2015年3月15日、汚職に対し百万人規模のデモが起こった。政府系の世界的石油会社のペトロブラスは水増し請求で数億ドルの資金を得ており、この資金が同社幹部から政治家に渡ったとされる。スイスの司法当局はブラジル人8人に関連する汚職疑惑に対し、関連する資金洗浄捜査を進めている[7]

ルセフの選挙参謀ジョアン・サンターナが政府系の石油会社ペトロブラスに水増し請求を行い、数百万ドルの賄賂資金を得たという疑惑が持ち上がり、この資金が2014年のルセフが再選を果たした選挙の資金に流れたとされた[8]。不況も相まって国民のルセフ政権に対する不満は頂点に達し、2016年3月13日には全土で300万人が参加した反政府デモが勃発[9]。同時に議会ではルセフの大統領弾劾に向けた動きが始まり[10]、3月29日には最大政党のブラジル民主運動党(PMDB)が連立政権からの離脱を決定するなど[11]連立政権からの離反が相次ぎ、ルセフの弾劾が可決される可能性が高まっていった。4月17日、下院はルセフ大統領の弾劾に対する採決を行い、全513議員のうち、3分の2を超える賛成票が集まり、弾劾を承認。弾劾審議は上院に移った[12]。5月12日上院で弾劾開始の採決が行われ可決。これによるルセフは180日間の職務停止となり、ミシェル・テメル副大統領が大統領代行となった[13]

この弾劾について、知識人や労働者の間では批判があり、シコ・ブアルキレオナルド・ボフなどが政府を支持する集会を開き、弾劾要求について民主主義への脅威だと批判している[14]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 堀坂浩太郎『ブラジル 跳躍の軌跡』2-4頁。
  2. ^ ブラジル大統領選はルセフ候補が勝利、現政権の路線継承へ ロイター・ジャパン 2010年11月1日閲覧
  3. ^ 10月再選目指すルセフ大統領の支持率回復 W杯の順調ぶりプラス産経ニュース2014年7月4日閲覧
  4. ^ 大統領にブーイング、大敗の怒りで政権批判再燃YOMIURI ONLINE 2014年7月9日閲覧
  5. ^ ブラジル大統領選、デッドヒート続く 決選投票まで10日(ウォール・ストリート・ジャーナル 2014年10月16日)
  6. ^ ブラジル大統領選、ルセフ氏が再選 接戦の決選投票制すAFP 2014年10月27日)
  7. ^ Bloomberg スイス、4億ドルの資産凍結-ペトロブラスを資金洗浄で捜査 2015/03/19 10:34 JST
  8. ^ “ブラジル警察、ルセフ大統領の選挙参謀に照準 汚職捜査で”. ロイター (ロイター). (2016年2月23日). http://jp.reuters.com/article/brazil-election-idJPKCN0VW0CA 2016年4月18日閲覧。 
  9. ^ “ブラジル、大統領退任求め過去最大規模のデモ 不況や汚職に怒り”. ロイター (ロイター). (2016年3月14日). http://jp.reuters.com/article/brazil-rousseff-protests-idJPKCN0WG00X 2016年4月18日閲覧。 
  10. ^ “ブラジル下院が大統領弾劾手続き開始、ルラ氏閣僚就任で抗議デモ”. ロイター (ロイター). (2016年3月18日). http://jp.reuters.com/article/brazil-idJPKCN0WJ35W 2016年4月18日閲覧。 
  11. ^ “ブラジル最大政党が連立解消、ルセフ大統領の孤立深まる”. ロイター (ロイター). (2016年3月30日). http://jp.reuters.com/article/pmdb-idJPKCN0WV2PP 2016年4月18日閲覧。 
  12. ^ “ブラジル大統領弾劾、下院が承認 上院で審議へ”. ロイター (ロイター). (2016年4月18日). http://jp.reuters.com/article/brazil-inpeachment-idJPKCN0XF06W 2016年4月18日閲覧。 
  13. ^ ブラジルのルセフ大統領停職=上院、弾劾裁判開始決定-スポーツ相も辞任、五輪に影響も時事通信2016年5月13日
  14. ^ “亀裂広がるブラジル社会-弾劾控えお祭り騒ぎも”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2016年4月24日). http://jp.wsj.com/articles/SB11640581799754933369104582005412150866628 2015年5月28日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 堀坂浩太郎『ブラジル 跳躍の軌跡』、岩波書店(岩波新書)、2012年。

外部リンク[編集]


公職
先代:
ルーラ・ダ・シルヴァ
ブラジルの旗 ブラジル連邦共和国大統領
第36代:2011年 - 2016年
次代:
ミシェル・テメル (代行)
先代:
ホセ・ジルセウ英語版
ブラジルの旗 ブラジル連邦共和国
官房長官

2005年 - 2010年
次代:
エレニセ・ゲーラ英語版
先代:
フランシスコ・ゴミデ英語版
ブラジルの旗 ブラジル連邦共和国
鉱業エネルギー大臣

2003年 - 2005年
次代:
サイラス・ロンデアル英語版
党職
先代:
ルーラ・ダ・シルヴァ
労働者党大統領選挙候補者
2010年, 2014年
次代:
(直近)