ショーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ショーロの一般的な楽器

ショーロChoroChorinhoとも呼ばれる)は、ブラジルポピュラー音楽のスタイル(ジャンル)の一つである。19世紀リオ・デ・ジャネイロで成立した。ショーロという名前は、chorar(ポルトガル語、「泣く」という意味)からついたと言われている。ショーロはアメリカではブラジルのジャズと称されることがあるが、即興を重視した音楽としてはジャズよりも歴史が古い。

当初、ショーロは、フルートギターカヴァキーニョ(ウクレレと同起源の小型4弦弦楽器)のトリオ形式で演奏されたが、その後、パンデイロ(タンバリンに似た打楽器)、バンドリンが加わり、「管楽器+バンドリン+カヴァキーニョ+ギター+パンデイロ」からなるショーロの最も基本的な楽器編成が完成した。これをRegional(ヘジオナウ)と呼ぶ。当時ラジオで歌手などの伴奏をしていた編成である。管楽器は、フルートのほかにはクラリネットサクソフォーンが加わることが多い。ほかにもショーロは、トロンボーンヴァイオリンアコーディオンピアノなど様々な楽器で演奏される。


ショーロの演奏形式[編集]

ショーロの曲の構造は三部形式からなる。そして三部形式のそれぞれをABCとすると、AABBACCAという繰り返しを見せるものが最も多い。これはショーロの元となったヨーロッパの宮廷ダンス音楽(ポルカなど)に由来している。またそれぞれの関係調については、AとBの関係は属調または下属調、AとCの関係は平行調であることが多いが、バリエーションは様々である。

著名なショーロの作曲家[編集]

  • ピシンギーニャ(Pixinguinha)
    ブラジルポピュラー音楽の父とよばれる。彼の誕生日4月23日は2001年よりChoroの日として制定された。
  • エイトル・ヴィラ=ロボス(Heitor Villa-Lobos)
    『ショーロ集(Choros)』(1920年-1928年)を発表。 ピアノ、ギターなど編成は多岐にわたる。
  • ジャコー・ド・バンドリン(Jacob do Bandolim)
    近代的なショーロを完成させた。ショーロの名門グループEpoca de Ouro(エポカ・ジ・オウロ)の創始者である。
  • アベル・フェヘイラ(Abel Ferreira)
  • エルネスト・ナザレー(Ernesto Nazareth)
  • パウリーニョ・ダ・ヴィオラ(Paulinho da Viola)
    サンバの貴公子と呼ばれた彼の父親は、ショーロのギタリストでありエポカ・ジ・オウロのメンバーでもあるセザル・ファリア。1970年代にエポカ・ジ・オウロとパウリーニョ・ダ・ヴィオラは共にショーロのリバイバルムーブメントを起こし、すたれかけていたショーロが再び陽を浴びるきっかけを作った。
  • ヴァルジール・アゼベード(Waldir Azevedo)

著名なショーロの曲[編集]

ショーロの影響を受けたブラジル音楽[編集]