アンゴラの音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アンゴラ音楽はこの国のにとって特に重要な文化である。アンゴラは長くポルトガルの植民地であった。首都であり、アンゴラ最大の都市であるルアンダメレンゲ、カズクタ、キラパンダ、センバといった様式の発祥地である。ルアンダ沖合のではアコーディオンハーモニカに基づいた様式が生まれた。

センバ──サンバ(場所に起源を持つ言葉であり、意味は「へそ」である)のルーツの一部である──はキゾンバクドゥーロの前身でもある。センバは都市に特徴付けられた音楽であり、都市で、特にルアンダで成長した。この首都の周辺には、大規模に人口が集積した「ムセーケス」が形成されている。植民地時代には、歌詞に政治的なメッセージも含んだDavid Zeやウルバーノ・デ・カストロのような音楽家が活動した[1]。アンゴラの新しい音楽シーンではボンガ、テタ・ランド、パウロ・フローレス、ウゴラ・リクモスのようなミュージシャンが活躍している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Urbano De Castro”. Radiodiffusion Internasionaal Annexe (2008年8月24日). 2020年1月7日閲覧。