重嬰ハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
重嬰ハ
NotesCDoubleSharp.png
各言語での名称
英語 C-double-sharp
独語 Cisis
仏語 Ut double dièse
伊語 Do doppio diesis
異名同音
重変ホ
音階上の位置
嬰ニ短調 和声的短音階・旋律的短音階上行形の第7音・導音
テンプレートを表示

重嬰ハ(じゅうえいハ)は西洋音楽の音名のひとつ。の楽譜上の位置を変えずに半音上げた嬰ハからさらに半音上げた音であり、楽譜ではハにdouble sharp重嬰記号)を付けて表す。

各オクターブの重嬰ハ[編集]

オクターブ表記 周波数 MIDI
Note No.
譜例 備考
国際式 日本
Cdouble sharp0 Cisis2 下二点重嬰は 18.35404799Hz 14
Cdouble sharp1 Cisis1 下一点重嬰は 36.70809599Hz 26 *
Cdouble sharp2 Cisis 重嬰は 73.41619198Hz 38 *
Cdouble sharp3 cisis 重嬰ハ 146.83238396Hz 50 *
Cdouble sharp4 cisis1 一点重嬰ハ 293.66476792Hz 62 *
Cdouble sharp5 cisis2 二点重嬰ハ 587.32953583Hz 74 *
Cdouble sharp6 cisis3 三点重嬰ハ 1174.65907167Hz 86 *
Cdouble sharp7 cisis4 四点重嬰ハ 2349.31814334Hz 98
Cdouble sharp8 cisis5 五点重嬰ハ 4698.63628668Hz 110
  • 一部の楽器製造会社では、国際式より1小さい数字が使われている。
  • 周波数は、A()=440Hz十二平均律としたときの概算である。