調式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中国で近代、旋法の事を調式(ちょうしき)と言うことがある。宮・商・角・徴・羽などの音名については五声参照。

  • 宮調式
    C,D,E,G,A,C
    もっとも安定した音(落音(ルオインluoyin)、結音(チエインjieyin)などと呼ばれる)はC音。
  • 商調式
    D,E,G,A,C,D
    落音あるいは結音はD音。
  • 角調式
    E,G,A,C,D,E
    落音あるいは結音はE音。
  • 徴調式
    G,A,C,D,E,G
    落音あるいは結音はG音。
    この調式と考えられる歌 - 江蘇省の民謡「孟姜女」(孟姜女哭長城とも)など
  • 羽調式
    A,C,D,E,G,A
    落音あるいは結音はA音。

漢族の民謡(民歌)において、各調式のもちいられる多さには偏りがあり、徴調式と考えられる歌などは非常によくみかける。逆に角調式と考えられる歌は少ない。