教会旋法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

教会旋法(きょうかいせんぽう、英語:gregorian mode)は、グレゴリオ聖歌の分類に用いられる旋法である。

教会旋法の体系は、主要なグレゴリオ聖歌の作曲よりも後に、ビザンティンオクトエコスを基盤として成立したものである。 したがって、実際のグレゴリオ聖歌は教会旋法の理論に全面的に合致するものではなく、聖歌の中には教会旋法では分類困難なものもある。

8~9世紀頃以来、少なくとも16世紀頃まで西洋音楽理論の基礎であったが、機能和声の発達によって長調短調の組織に取って代わられた。 しかし19世紀末以降、新たな音楽の可能性の追求の中で教会旋法がしばしば用いられている。

教会旋法の一覧[編集]

  • 第一旋法:ドリア旋法
  • 第二旋法:ヒポドリア旋法
  • 第三旋法:フリギア旋法
  • 第四旋法:ヒポフリギア旋法
  • 第五旋法:リディア旋法
  • 第六旋法:ヒポリディア旋法
  • 第七旋法:ミクソリディア旋法
  • 第八旋法:ヒポミクソリディア旋法
8つの教会旋法。 f は終止音を示す。(Curtis, 1998).

教会旋法はまず終止音(finalis)によって4つに分類される。そしてそれぞれが音域(ambitus)によって終止音から高くまで上がる正格(authenticus)とあまり上がらない変格(plagalis)の2つに分けられる。 例えば、ドリア旋法はニ音を終止音とする正格旋法であり、ヒポドリア旋法はその変格旋法である。

イ、ロ、ハ音を終止音とする旋法が無いのはオクトエコスの組織にそれが無かったためである。それらは、後にエオリア旋法、ロクリア旋法、イオニア旋法として追加された。

各旋法の名称には、古代ギリシアの旋法と同じものを使用しているが、両者はまったく別物である。中世の理論書でも今日の典礼書でもギリシア名は一般に使用されず、主に番号を用いるが、今日の対位法や楽曲分析の教科書ではギリシア名が一般に用いられている[1]

現代における教会旋法の利用[編集]

ジャズにおいて、1960年代頃から、教会旋法が利用されるようになってきた。第一は、あるコードにおけるアベイラブル・ノート・スケールとしての利用法である。第二は、モード(旋法)を調としてとらえ、その上でフレージングを行ったり和声を構成したりする利用法である。第二の利用法では、各旋法の主音特性音とが重視される。

以下の教会旋法が用いられている。

  • ドリアン Dorian
  • フリジアン Phrygian
  • リディアン Lydian
  • ミクソリディアン Mixolydian
  • エオリアン Aeolian
  • ロクリアン Locrian

現代において教会旋法が用いられるのは、従来の狭義の調性、つまり長調と短調とによる音楽からの脱却を目的としている。このため、アイオニアン Ionian はあまりにも従来の調性である長調を感じさせるので、用いられない。

脚注[編集]

  1. ^ 『グラウト/パリスカ 新 西洋音楽史〈上〉』 音楽之友社、86頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]