ヴィンス・メンドーザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヴィンス・メンドーザVince Mendoza1961年 - )は、アメリカ合衆国コネチカット州出身の作曲家編曲家である。

メンドーザは幼少期からトランペットを学び、クラシック音楽ソウルジャズの影響を受けて育った。1983年にオハイオ州立大学の作曲学科を卒業し、学士号を取得した。その後ブルーノートと契約し、『Start Here』 と『Instructions Inside』をリリースした。メンドーザの曲はゲイリー・バートンパット・メセニーマイケル・ブレッカーチャーリー・ヘイデンランディ・ブレッカーピーター・アースキンなどのジャズミュージシャンに演奏されている。

様々な音楽ジャンルに通じているメンドーザは、ロビー・ウィリアムズビョークエルヴィス・コステロジョニ・ミッチェルなど、様々な音楽ジャンルの歌手の編曲を手がけている。特に、ジョニ・ミッチェルのアルバムでは、2度のグラミー賞を受賞している。

ディスコグラフィ[編集]

  • Start Here (World Pacific, 1990年)
  • Instructions Inside (ブルーノート・レコード, 1991年)
  • Jazzpaña (ACT, 1992年)
  • Sketches (ACT, 1994年)
  • Vince Mendoza (2 Steps, 1994年)
  • Caribbean Night (BHM, 1997年)
  • Epiphany (Zebra, 1999年)
  • Blauklang (ACT, 2008年)
  • El Viento: The Garcia Lorca Project (ACT, 2009年)
  • 54 (EmArcy, 2010年)
  • Fast City: A Tribute to Joe Zawinul (BHM, 2010年)
  • The Phoenix (Red Dot, 2010年)
  • Nights on Earth (Horizontal, 2011年)
  • Perfect Vision: The Esquivel Sound (Basta, 2013年)
  • Homecoming (Sunnyside, 2017年)

受賞歴[編集]

グラミー賞

外部リンク[編集]