マンハッタン・ジャズ・クインテット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マンハッタン・ジャズ・クインテット
Manhattan Jazz Quintet
出身地 アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国ニューヨーク
ジャンル ジャズ
活動期間 1984年-現在
レーベル キングレコード
スイート・ベイジル
ビデオアーツ・ミュージック
メンバー デヴィッド・マシューズ
ルー・ソロフ
アンディ・スニッツァー
チャーネット・モフェット
ビクター・ルイス
旧メンバー ジョージ・ヤング
スティーヴ・ガッド
エディ・ゴメス
ジョン・パティトゥッチ
デイヴ・ウェックル
ピーター・アースキン

マンハッタン・ジャズ・クインテットManhattan Jazz Quintet)は、アメリカ合衆国ジャズバンドデヴィッド・マシューズピアノ)を中心に結成され、1984年にデビュー。元々は『スイングジャーナル』誌とキングレコードの発案によるプロジェクトで、その後も日本向けの活動を中心としている。

来歴[編集]

1984年、デビュー作『マンハッタン・ジャズ・クインテット』発表。日本で大ヒットし、現在までに累計20万枚を売り上げた。当時のメンバーはデヴィッド・マシューズ(ピアノ)、ルー・ソロフトランペット)、ジョージ・ヤングテナー・サックス)、チャーネット・モフェットベース)、スティーヴ・ガッドドラム)。

3作目『マイ・ファニー・バレンタイン』(1986年)より、ベーシストエディ・ゴメス(元ビル・エヴァンス・トリオ)に交替。この頃、日本映画『ベッドタイムアイズ』の音楽を担当した。

1988年にはエディとスティーヴが脱退し、チック・コリアリズム隊を務めていたジョン・パティトゥッチ(ベース)とデイヴ・ウェックル(ドラム)が加入。しかし、翌年にはジョンとデイヴがチック・コリアとの活動で多忙になったため脱退し、初代ベーシストのチャーネット・モフェットが復帰。ドラマーの方はスティーヴ・ガッドの復帰、ピーター・アースキンの一時的な参加を経てビクター・ルイスが加入。1980年代末期にはキングレコードを離れる。

1998年には、日野皓正との共演盤『ラウンド・ミッドナイト』を発表。

2003年、テナー・サックス奏者がジョージ・ヤングからアンディ・スニッツァーに交替。

日本向けに結成されただけに、何度も来日しており、『ライブ・アット・ピット・イン』『マイ・フェイバリット・シングス』は東京公演を、『テイク・ファイヴ』は大阪公演を収録したライブ・アルバム

なおバンドの略称はモダン・ジャズ・カルテットと同じMJQで、マンハッタン・ジャズ・クインテットの人気が高い日本では混乱を招いたこともある(他国ではMJQといえばモダン・ジャズ・カルテットを指すことがほとんど)。

ディスコグラフィー[編集]

  • マンハッタン・ジャズ・クインテット - Manhattan Jazz Quintet(1984年)
  • 枯葉 - Autumn Leaves(1985年)
  • マイ・ファニー・バレンタイン - My Funny Valentine(1986年)
  • ライブ・アット・ピット・イン - Live At Pit Inn(1986年)
  • ザ・サイドワインダー - The Sidewinder(1986年)
  • マイ・フェイバリット・シングス - My Favorite Things: Live In Tokyo(1987年)
  • プレイズ・ブルーノート - Plays Blue Note(1988年)
  • キャラバン - Caravan(1988年)
  • フェイス・トゥ・フェイス - Face to Face(1988年)
  • ベスト - The Best of Manhattan Jazz Quintet(1988年)
  • マンハッタン・ブルース - Manhattan Blues(1990年)
  • ファンキー・ストラット - Funky Strut(1991年)
  • マンテカ - Manteca(1992年)
  • オータム・イン・ニューヨーク - Autumn In New York(1993年)
  • アランフェス協奏曲 - Concierto De Aranjuez(1994年)
  • ベスト・オブ・ベスト- Best of Best(1994年)
  • モリタート - Moritat(1995年)
  • オリジナル・ヴォイス - The Original Voice(1995年)
  • フェスタ - La Fiesta(1997年)
  • G線上のアリア - Air on the G String(1997年)
  • ラウンド・ミッドナイト - 'Round Midnight(1998年) 日野皓正との連名
  • ティーン・タウン - Teen Town(2000年)
  • アイ・ゴット・リズム - I Got Rhythm(2001年)
  • テイク・ファイヴ - Take Five: Live At The Symphony Hall with Century Orchestra Osaka(2001年)
  • ブルー・ボッサ - Blue Bossa(2003年)
  • A列車で行こう - Take The A Train(2004年)
  • カム・トゥゲザー - Come Together(2005年)
  • いつか王子様が - Someday My Prince Will Come(2007年)
  • クロース・トゥ・バカラック‐Close To Bacharach (2007年) 平賀マリカがヴォーカルで参加
  • ヴイ・エス・オー・ピー‐V.S.O.P.(2008年) 元メンバーであるEddie Gomez(Bass), Steve Gadd(Drums)が特別参加
  • ベスト・オブ・ベスト‐Best Of Best(2008年) 初回限定盤
  • 25 トリビュート・トゥ・アートブレイキー‐25 -Tribute To Art Blakey-(2009年)

外部リンク[編集]