ラルフ・タウナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラルフ・タウナー
Ralph Towner
Ralph Towner.JPG
ラルフ・タウナー(2010年、オーストリアインスブルック
基本情報
生誕 (1940-03-01) 1940年3月1日(82歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントン州 シャヘイリス
ジャンル ジャズクラシックフォークワールド
職業 ギタリスト作曲家編曲家、バンドリーダー
担当楽器 12弦ギタークラシックギターピアノ
活動期間 1960年代 -
レーベル ECMレコード
共同作業者 オレゴン
ウェザー・リポート
ゲイリー・バートン
ゲイリー・ピーコック
ヤン・ガルバレク
ジョン・アバークロンビー
パオロ・フレス英語版
ヴォルフガング・ムースピール英語版
スラヴァ・グリゴリアン英語版
公式サイト www.ralphtowner.com
オレゴンで演奏するラルフ・タウナー(1989年4月30日、アメリカカリフォルニア州ハーフムーンベイ

ラルフ・タウナーRalph Towner1940年3月1日 - )は、アメリカワシントン州出身のギタリストピアニストコンポーザーアレンジャー。自己バンドのオレゴンのリーダーでもある。12弦ギタークラシックギターピアノシンセサイザーパーカッショントランペット等を演奏するマルチ奏者である[1]

略歴[編集]

1940年3月1日アメリカ合衆国ワシントン州シャヘイリス英語版に生まれる。母はピアノ教師、父はトランペット奏者という音楽一家であった。

1958年オレゴン大学に入り、芸術を専攻し、その後に作曲へと専攻を変えた。ほどなくして、後にオレゴンで活動をともにするベース奏者のグレン・ムーアと出会う。当初のタウナーはピアノの演奏と作曲を探求しており、中でもジャズ・ピアノ奏者ビル・エヴァンスの初期作品群から大きな影響を受けた。次いで気まぐれに購入したクラシック・ギターに魅了され、1960年代初頭にはオーストリア人ギター奏者・音楽家カール・シャイトドイツ語版の下で学ぶためウィーンに赴いた。

1968年ニューヨーク市へ移り、当地のジャズ・シーンでギターとピアノ演奏による音楽活動を始め、サキソフォン奏者ポール・ウィンターのグループであるポール・ウィンター・コンソートへ加入し、ムーアに加えて当グループに在籍していたポール・マッキャンドレス、コリン・ウォルコットとの親交も生まれ、1970年には4人によるバンド「オレゴン」が編成される運びとなった。また、ウィンターから譲られて初めて手にした12弦ギターをも自らの作風に取り入れていった。

1972年には、オレゴンが「北の星」(「Music of Another Present Era」)でアメリカのレーベル「ヴァンガード」からデビューを飾る一方で、1973年にはムーアとのデュオ名義で、ドイツミュンヘンの新興レーベル「ECM」からの初作品「ブルージョ」(「Trios / Solos」)が登場した。オレゴンもECMから80年代に3枚の作品を発表した一方で、タウナーは1970年代以降継続的に、ECMレーベルの他の契約ミュージシャンたちと共演したデュオ・トリオ・カルテットその他の形態、あるいはソロや多重録音で聴かせる様々な作品を、同レーベルから出している[2][3]

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • Trios / Solos (1972年、ECM) ※with グレン・ムーア
  • Diary (1974年、ECM)
  • Matchbook (1975年、ECM) ※with ゲイリー・バートン
  • Solstice (1975年、ECM)
  • Sargasso Sea (1976年、ECM) ※with ジョン・アバークロンビー
  • Solstice/Sound and Shadows (1977年、ECM)
  • Batik (1978年、ECM)
  • Old Friends, New Friends (1979年、ECM)
  • Solo Concert (1979年、ECM)
  • Five Years Later (1982年、ECM) ※with ジョン・アバークロンビー
  • Blue Sun (1983年、ECM)
  • Slide Show (1986年、ECM) ※with ゲイリー・バートン
  • City of Eyes (1989年、ECM)
  • Open Letter (1992年、ECM)
  • Un'altra vita (1992年、C.A.M.) ※同名のイタリア映画イタリア語版[4]サウンドトラック
  • Oracle (1994年、ECM) ※with ゲイリー・ピーコック
  • Lost and Found (1996年、ECM)
  • Ana (1997年、ECM)
  • If Summer Had Its Ghosts (1997年) ※with ビル・ブルーフォード & エディ・ゴメス
  • A Closer View (1998年、ECM) ※with ゲイリー・ピーコック
  • Anthem (2001年、ECM)
  • Time Line (2006年、ECM)
  • From a Dream (2008年) ※with Slava Grigoryan and Wolfgang Muthspiel
  • Chiaroscuro (2009年、ECM) ※with Paolo Fresu
  • Travel Guide (2013年、ECM) ※with Slava Grigoryan and Wolfgang Muthspiel
  • My Foolish Heart (2017年、ECM)

オレゴン[編集]

  • Music of Another Present Era (1972年、Vanguard)
  • Distant Hills (1973年、Vanguard)
  • Winter Light (1974年、Vanguard)
  • In Concert (1975年、Vanguard)
  • Together (1976年、Vanguard), with drummer エルヴィン・ジョーンズ
  • Friends (1977年、Vanguard)
  • Violin (1978年、Vanguard), with violinist Zbigniew Seifert
  • Out of the Woods (1978年、Elektra)
  • Moon and Mind (1979年、Vanguard)
  • Roots in the Sky (1979年、Elektra)
  • In Performance (1980年、Elektra)
  • Our First Record (1980年、Vanguard) ※1970年録音
  • Oregon (1983年、ECM)
  • Crossing (1984年、ECM)
  • Ecotopia (1987年、ECM)
  • 45th Parallel (1989年、Intuition)
  • Always, Never and Forever (1991年、Intuition)
  • Troika (1993年、Intuition)
  • Beyond Words (1995年、Intuition)
  • Northwest Passage (1997年、Intuition)
  • Music for a Midsummer Night's Dream (The Oregon Trio) (1998年、Intuition)
  • In Moscow (2000年、Intuition) ※with the Moscow Tchaikovsky Symphony Orchestra
  • Live at Yoshi's (2002年、Intuition)
  • Prime (2005年、C.A.M. Jazz)
  • The Glide (2005年、C.A.M. Jazz) ※iTunes版は新バージョン1曲追加
  • 1000 Kilometers (2007年、C.A.M. Jazz)
  • In Stride (2010年、C.A.M. Jazz)
  • Family Tree (2012年、C.A.M. Jazz)
  • Live in New Orleans (2016年、Hi Hat)
  • Lantern (2017年、C.A.M. Jazz)

脚注[編集]

  1. ^ Ralph Towner: Overview”. allmusic. 2020年10月4日閲覧。
  2. ^ Ralph Towner Biography”. www.ralphtowner.com. 2020年10月4日閲覧。
  3. ^ Home / Artists / Ralph Towner”. ECM Records. 2020年10月4日閲覧。
  4. ^ Un'altra vita (1992)”. IMDb. 2021年3月20日閲覧。

外部リンク[編集]