大阪教育大学附属池田中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大阪教育大学附属池田中学校
Osaka Kyoiku University Ikeda junior high school and high school.jpg
過去の名称 大阪第二師範学校男子部附属中学校
大阪学芸大学大阪第二師範学校池田附属中学校
大阪学芸大学附属池田中学校
大阪教育大学教育学部附属池田中学校
国公私立 国立学校
設置者 国立大学法人大阪教育大学
併合学校 大阪府海外商業学校
設立年月日 1947年
開学記念日 11月1日
共学・別学 男女共学
所在地 563-0026
大阪府池田市緑丘1-5-1
公式サイト 大阪教育大学附属池田中学校
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

大阪教育大学附属池田中学校(おおさかきょういくだいがくふぞくいけだちゅうがっこう)は、大阪府池田市にある国立中学校。略称は附中(ふちゅう)、附属(ふぞく)、大教大付属(だいきょうだいふぞく)、受験業界では池附(いけふ)。

概要[編集]

1947年昭和22年)、学制改革により、大阪第二師範学校男子部附属国民学校高等科を改組し、大阪第二師範学校附属中学校が設置される。

1949年(昭和24年)に廃校となる大阪府立海外商業学校の在校生を編入することとなり、創立当初は池田市城山1002番地に所在する大阪府海外商業学校校舎を転用する形になった。1957年(昭和32年)、大阪学芸大学附属池田小学校(現・大阪教育大学附属池田小学校)、大阪学芸大学附属高等学校池田校舎(現・大阪教育大学附属高等学校池田校舎)の所在する現在地へ移転。現在地は陸軍砲兵廠池田分工場の跡に当たる。三本の煙突と工場を改修して造られた体育館は1970年に取り壊されるまで名物であった。

創立以来、研究会が活発に行われている。創立当初の昭和20年代には「生活経験学習」といった、社会科を中心とした、現在でいう総合的な学習の時間のようなものが組まれていたり、躾に関する研究発表会が行われていた。昭和50年代には「ゆとり」の時間の活用という三十年来の教育課程の改革の中で「ゆとりある充実した学校生活」を目標に教育課程「WEC(ウェック)方式」を開発(1978年)、独自の創意工夫の時間を誕生させた(1979年)。(W…勤労、E…講座、C…クラブ)

1986年(昭和61年)、国立学校で初めて文部省同和教育の研究校に指定される。

1989年平成元年)、今までの教科や文化クラブ活動の内容や方法にとらわれず、一人ひとりの発想や追求の過程を大切にする「FA (Free Activity) 活動」を開始。のちの「総合的な学習の時間」につながる。

1996年(平成8年)から国際理解教育に取り組む。1995年、国際枠(帰国生徒・外国籍生徒)の受け入れを開始する。世界各地と提携交流を行うようになる。

2001年6月8日附属池田小事件を受けて附属池田中も安全教育とその研究に取り組み、2002年から学校災害特別研究生徒を受け入れている。

2011年(平成23年)、大阪教育大学附属池田小学校大阪教育大学附属高等学校池田校舎と共同研究を始める。

2014年(平成26年)、世界保健機関 (WHO) から国内中学校で初めてインターナショナルセーフスクール (ISS) の認定を受ける。

2015年度に大阪教育大学が始めた認証制度「セーフティ・プロモーション・スクール」(SPS) に認証され、2016年度予算案には文部科学省から補助金が盛り込まれている。

1964年(昭和39年)に16期生により植樹されたケヤキはその後引き継がれ、「ケヤキ坂」として池田キャンパスの名所となっている。

使命[編集]

学校教育法に定められた中学校として前期中等教育を行うとともに、大阪教育大学の附属学校として、教育の理論や実践に関する研究も行う。

教育目標[編集]

人権を尊重し、自律しながら他者との関わりの中で思いやりのある豊かな心を培い、社会に主体的に対応し貢献することのできる、生きる力に満ちた生徒の育成を教育目標としている。

入試[編集]

通学区域は、大阪府中部・北部、兵庫県南東部の学校が指定した区域で、通学時間が90分以内。

一般枠(附属池田小学校から連絡進学例年約60名)、国際枠(帰国生徒・外国籍生徒)8名以内、学校災害特別研究生徒4名以内を含めて男女計160名。

一般枠は、国語・算数(各80点)からなる第1次選考と、第1次選考合格者対象の社会または理科(50点)、音楽または図工または家庭または体育(30点)および調査書からなる第2次選考がある。倍率は例年8倍程度。

安全教育[編集]

2001年平成13年)に発生した附属池田小事件を契機に、大阪教育大学は、「学校災害による兄弟姉妹が死亡した生徒の発達過程と支援のあり方」について研究チームを作り研究を行っている。その一環として、学校の教育活動中に発生した事件・事故や、通学中の事故で兄弟姉妹を亡くした経験を持つ生徒の発達過程を研究調査するため、そうした経験を持つ生徒への特別枠選考も行っている。

学校行事[編集]

  • 4月 - 修学旅行(3年、沖縄)
  • 5月 - 校内大会(男女ともサッカー・ドッチボール・バスケットボール)、三附中交歓会(2年)
  • 6月 - 学校安全の日、総合学習週間(奈良研修(1年)、京都研修(2年)、社会参加実習(3年))
  • 9月 - 先輩の授業
  • 10月 - 体育大会
  • 11月 - 文化祭、池田地区附属学校研究発表会
  • 3月 - カナダ研修

校歌[編集]

隣接し、先に創立された附属池田小学校と同じ校歌である。作詞者不明。小部卯八作曲。池田師範学校校歌(1918年制定)を、そのまま校歌としている。

年表[編集]

  • 1947年4月15日 - 大阪第二師範学校男子部附属中学校として創立。旧制大阪府海外商業学校校舎を転用。
  • 1949年 - 大阪学芸大学大阪第二師範学校池田附属中学校と称する。
  • 1951年 - 大阪学芸大学附属池田中学校と称する。
  • 1957年 - 現在地に移転。
  • 1967年
  • 1972年 - 大阪教育大学教育学部附属池田中学校に改称
  • 2004年 - 大阪教育大学附属池田中学校に改称

交通[編集]

出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]