肥土伊知郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

肥土 伊知郎(あくと いちろう、1965年[1] - )は、日本ウイスキー技術者、実業家。イチローズ・モルトで知られている株式会社ベンチャーウイスキーの社長[2]埼玉県秩父市生まれ[1]

経歴[編集]

1965年に秩父市で生まれる[1]。祖父は羽生蒸溜所を運営していた東亜酒造の設立者[3]

東京農業大学に進学し、醸造学を専攻[2][4]。大学卒業後にサントリーに入社[2][3]山崎蒸溜所での勤務を希望していたが、ウイスキーの技術者には大学院修士課程修了者のみを採用していたため断念[3]。東京と横浜で営業職を経験した後、父が経営する東亜酒造へ入社[3]

東亜酒造の経営危機により、同社の羽生蒸溜所は売却される[3]。しかし、売却先の企業はウイスキー事業からの撤退を決断し、羽生蒸溜所のウイスキー原酒は期限付きで引き取り手が見つからなければ破棄されるという決定が下る[3]。肥土はウイスキー原酒を引き取ってくれる企業を探しつづけ、ついには福島県笹の川酒造からの援助を取り付けた[5]。笹の川酒造には貯蔵庫の提供を受け、原酒の購入は親戚から資金の支援を受けた[6]

2004年9月、秩父市にベンチャーウイスキー社を設立[6]。肥土は技術指導者として笹の川酒造に通い、2005年春には、笹の川酒造にあるウイスキーを「イチローズ・モルト」として商品化した[2]アルコール度数56%のイチローズ・モルト カードシリーズの「キング オブ ダイヤモンズ」(KING OF DAIAMONDS) は、イギリスの『ウイスキーマガジン』のジャパニーズモルト特集で最高得点の「ゴールドアワード」に選ばれた[2]

2007年11月、ベンチャーウイスキー秩父蒸溜所が完成[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c 肥土伊知郎 第1回 「祖父の羽生蒸留所と孫の秩父蒸留所をつないだモルトウィスキーの物語」”. 現代ビジネス. 講談社 (2013年3月6日). 2017年2月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e ベンチャーウイスキーの快挙”. NIKKEI NET (2007年). 2008年12月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 夢我人 | モルトへの情熱〜Time is Value, not Money〜 (1/2)”. 夢我人 (2007年12月25日). 2008年12月13日閲覧。
  4. ^ ベンチャーウイスキー (初出年不明). “彩の国ベンチャーマーケット応募用紙”. 2008年12月13日閲覧。
  5. ^ a b 夢我人 | モルトへの情熱〜Time is Value, not Money〜 (1/2)”. 夢我人 (2007年12月25日). 2008年12月13日閲覧。
  6. ^ a b こだわりのシングルモルトウイスキーを造りたい! (PDF)”. 埼玉県創業・ベンチャー支援センター (2005年). 2008年12月13日閲覧。

外部リンク[編集]