ヨーゼフ・ルーファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヨーゼフ・ルーファーJosef Rufer, *1893年 - †1985年)はオーストリア出身のドイツ音楽学者・教師。

略歴[編集]

ウィーン出身。1919年よりアレクサンダー・フォン・ツェムリンスキーアルノルト・シェーンベルクアルバン・ベルクに師事。1925年から1933年までベルリン芸術アカデミーにおいてシェーンベルクの助手を務める。さらに音楽理論を指導し、音楽評論家として健筆をふるった。

1956年よりベルリン芸術大学において十二音技法の講師となり、ダルムシュタット夏季現代音楽講習会において講座を開いた。また、シェーンベルクの遺作を目録化し、シェーンベルク作品全集を監修した。門人に、クロード・バリフギゼルヘア・クレーベハンス・オイゲン・フリッシュクネヒトローラント・カインベルンハルト・クロルハンス・ウェルナー・ヘンツェ尹伊桑石井真木がいる。楽譜の校訂や出版にも携わった。「私は12音技法で今後100年ドイツ音楽の優位が保証されると思う」とシェーンベルクから聞かされた弟子ないしは友人としてしばしば言及される。

主な業績としてはドイツ語で書かれた初めての十二音技法の教科書「十二音による作曲法」を出版したことで知られ、この本でドイツに留学した殆どの作曲家が学んでいた。ただし、十二音技法の教科書としては、クレーネク、レイボヴィッツに先を越されていて三番手の本である。ルーファーは「この本こそが本家の十二音技法であり、他は外様である」という意見を崩さなかった。クレーネクの教科書はほとんど自作の範例、レイボヴィッツは同人とは無関係の人物の手による本なので、シェーンベルク一派から師事を受けたルーファーの意見は正当である。

著作[編集]

  • Das Werk Arnold Schönbergs
  • Die Komposition mit zwölf Tönen 入野義朗による日本語版あり。
  • Bekenntnisse und Erkenntnisse. Komponisten über ihr Werk., ISBN 3-44233-055-6
  • Musiker über Musik

参考書籍[編集]

  • Peter Gradenwitz, Nuria Nono-Schönberg Arnold Schönberg und seine Meisterschüler – Berlin 1925-1933., Wien 1998, Zsolnay Verlag, ISBN 3-55204-899-5

外部リンク[編集]