小野十三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小野 十三郎(おの とおざぶろう、本名は小野 藤三郎、男性、1903年明治36年)7月27日 - 1996年平成8年)10月8日)は日本の詩人

略歴[編集]

大阪府大阪市南区の裕福な家庭に生まれる。天王寺中学校卒業後1921年に上京し、東洋大学専門学部文化学科に入学するも、わずか8ヵ月ほどで中退し、親からの仕送りを受けながら詩作を続けた。

南天堂で知り合った萩原恭次郎壺井繁治岡本潤らの詩誌『赤と黒』を見て刺激を受けアナーキズム詩運動に入る。そして1926年には岡本潤・秋山清らと協力し、『弾道』を創刊した。

1933年に大阪に戻り、1939年、大阪の重工業地帯に取材した詩集『大阪』を発表、独自の詩風を確立した。吉本興業の文芸部に所属し、秋田實らと共に漫才台本を執筆していたこともある。1935年日本無政府共産党ギャング事件が起きた際には、日本無政府共産党のシンパとして大阪府警察阿倍野警察署に拘束されている(起訴猶予により釈放)。

1948年、『奴隷の韻律』論を発表し、短歌・俳句の抒情を徹底的に批判した。塚本邦雄らの前衛短歌は、これに呼応する形で反論的実践として推進されたといわれている。小野がこのような批判を展開した背景には、戦時中に斎藤茂吉ら多くの有名歌人が戦争協力的な活動をしていたことがあるとされる。

戦後は、大阪文学学校1954年に創設し、1991年まで校長として務めた。後進の指導にも力を尽くし、小説・詩・児童文学などの講座を開設。文学の大衆化や市民平和運動に指導的な役割を果たした。1975年、詩集『拒絶の木』で読売文学賞受賞。1977年から2年間、日本現代詩人会会長を務めた。また帝塚山学院大学教授を務める。1979年には『小野十三郎全詩集』が刊行される。第2詩集『古き世界の上に』からは戦争が詩の世界に暗い大きな翳りを投げかけ、それ以後の詩のテーマに通底することとなった。

  • 『大阪』(大阪市民文化賞)
  • 『火呑む欅』
  • 『詩論』(大阪府民文学賞)

著作[編集]

  • 半分開いた窓 詩集 太平洋詩人協会 1926
  • アナーキズムと民衆の文学 解放文化連盟出版部 1933 (アナーキズム文学論)
  • 古き世界の上に 解放文化聯盟出版部 1934
  • 大阪 詩集 赤塚書房 1939
  • 風景詩抄 詩集 湯川弘文社 1943 (新詩叢書)
  • 詩論 真善美社 1947
  • 大海辺 詩集 弘文社 1947
  • 多頭の蛇 詩論集 日本未来派発行所 1949
  • 小野十三郎詩集 日本国民詩集 三一書房 1952
  • 現代詩手帖 創元社 1953 (創元手帖文庫)
  • 短歌的抒情 1953 (創元新書)
  • 現代詩入門 創元社 1955
  • 重油富士 詩集 東京創元社 1956
  • 詩と創造 その精神と方法 理論社 1956 (私の大学・文学の教室)
  • みんなで詩を書こう(編)1956 (三一新書)
  • 詩論・続詩論・想像力 思潮社 1962 のちライブラリー 
  • 奇妙な本棚 詩についての自伝的考察 第一書店 1964
  • 異郷 詩集 思潮社 1966
  • 小野十三郎評論集 工作者の口笛 国文社 1966
  • 太陽のうた 少年詩集 理論社 1967 (現代少年詩プレゼント)
  • 千客万来 雑話集 秋津書店 1972
  • 小野十三郎 若い人のための現代詩 安水稔和編著 社会思想社 1972 (現代教養文庫)
  • 歌と逆に歌に わがバリエテ 創樹社 1973
  • 小野十三郎自選詩画集 五月書房 1974
  • 小野十三郎詩集 牧羊子編 弥生書房 1974 (世界の詩
  • 自伝空想旅行 日は過ぎ去らず 1975 (朝日選書
  • 小野十三郎全詩集 1926-1974 立風書房 1978.11
  • 蒸気機関車 詩集 創樹社 1979.1
  • 環濠城塞歌 詩集 思潮社 1980.7
  • 小野十三郎詩集 思潮社 1980.10 (現代詩文庫)
  • 樹木たち 詩集 土曜美術社 1982.5 (現代詩選書)
  • 日は過ぎ去らず わが詩人たち 編集工房ノア 1983.5
  • 最期の木 思潮社 1984.7
  • 詩のかたち詩の発見 よみうり詩壇の十年 浮游社 1987.11
  • カヌーの速度で 詩集 浮游社 1988.7
  • いまいるところ 詩集 浮游社 1989.7
  • 小野十三郎著作集 全3巻 筑摩書房 1990-91
  • 冥王星で 詩集 エンプティ 1992.7


あああああ

翻訳[編集]

論の類[編集]

  • 小野十三郎論 風景にうたは鳴るか 明珍昇 土曜美術社出版販売 1996.5 (現代詩人論叢書)
  • 小野十三郎ノート 別冊 寺島珠雄 松本工房 1997.10
  • 小野十三郎の二日間 傘寿を迎える初春に 橋本照嵩写真集 澪標 1999.11
  • 小野十三郎論 詩と詩論の対話 山田兼士 砂子屋書房 2004.6
  • 小野十三郎-歌とは逆に歌 / 安水稔和 編集工房ノア 2005.4
  • 小野十三郎を読む / 山田兼士,細見和之編 思潮社 2008.9

関連項目[編集]