山田兼士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 兼士(やまだ けんじ、1953年7月4日 -)は日本フランス文学者評論家詩人

略歴[編集]

1953年岐阜県大垣市生まれ。関西学院大学文学部仏文科卒。同大学院文学研究科博士課程満期退学。1986年大阪芸術大学に着任し、2004年より教授。大阪文学学校講師。大阪文学協会理事。日本フランス語フランス文学会、日本近代文学会、京都フランス歌曲協会、中原中也の会、ボードレール研究会の会員。詩誌「別冊・詩の発見」主宰。高階杞一四元康祐細見和之らとともに季刊詩誌「びーぐる-詩の海へ」編集同人。

フランス近代詩を専門とするが、中原中也、福永武彦小野十三郎谷川俊太郎など日本の近現代詩人も研究対象とする。

妻は歌人山下泉

著作及び参考文献[編集]

単著[編集]

  • ボードレール《パリの憂愁》論 砂子屋書房、1991.11
  • 小野十三郎論―詩と詩論の対話砂子屋書房、2004.6
  • ボードレールの詩学砂子屋書房、 2005.9
  • 抒情の宿命・詩の行方―朔太郎・賢治・中也思潮社、2006.8
  • 百年のフランス詩―ボードレールからシュルレアリスムまで澪標、2009.5
  • 微光と煙 詩集 思潮社、2009.10
  • 谷川俊太郎の詩学 思潮社、2010.7
  • 詩の現在を読む2007-2009 澪標、2010.7
  • 家族の昭和 詩集澪標、2012.7
  • 高階杞一論 詩の未来へ 澪標、2013.6
  • 羽曳野 詩集 澪標、2013.7
  • 月光の背中 詩集 洪水企画 2016.10

共著[編集]

  • 萩原朔太郎の世界(長野隆編・共著) 砂子屋書房、1987.6
  • 歌う!ボードレール―ドビュッシー/フォーレ/デュパルク(CDブック・編著)同朋舎出版,1996.3
  • 対訳フランス歌曲詩集(編訳著)彼方社、2002.4
  • 谷川俊太郎《詩》を語る(共著)澪標、2003.6
  • 谷川俊太郎《詩》を読む(共著)澪標、2004.10
  • 谷川俊太郎《詩の半世紀》を読む(共著)澪標 、2005.8
  • 小野十三郎を読む(共編著)思潮社、2008.9
  • 対論 この詩集を読め 2008-2011 (細見和之共著)澪標、2012.4

訳書[編集]

  • ボードレールと『パリの憂愁』(J.A.ヒドルストン著)沖積舎、1989.7
  • オレゴンの旅  セーラー出版社   1995.11
  • エヴァー花の国ー セーラー出版社  2000.5
  • Le Pont jete Poesie japonaise d'aujourd'hui 詩学社、 2003.6(谷川俊太郎はじめ15人の日本詩人のフランス語訳アンソロジー、Olivier Birmannとの共訳)
  • フランス歌曲の珠玉―深い理解と演奏のために(フランソワ・ル・ルー/ロマン・レイナルディ著、美山節子と共訳)春秋社、2009.4

外部リンク[編集]