目黒区立第一中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
目黒区立第一中学校
MeguroNo.1 JunorHighschool.JPG
国公私立 公立学校
設置者 目黒区
設立年月日 1947年昭和22年)5月5日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 152-0003
東京都目黒区大橋2丁目11番1号
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

目黒区立第一中学校(めぐろくりつ だいいちちゅうがっこう)は、目黒区大橋にある区立中学校

概要[編集]

  • 1947年5月5日に開校。
  • 校舎の概観はカラフルで、4色の階段、が特徴である。校内に緑が多い。校庭は都市部にしては広く、直線で100m確保することができ、グラウンドの他にラバーコートが設置されている。
  • 吹奏楽部、女子バレーボール部活動が盛ん。また、野球部はかつては、都内の強豪校であった。
  • 小さい学校ながらも区連合体育大会では優秀な成績を残している。
  • 平成21年4月より、教科教室型運営を再開した。さらに、同年8月より、15の教科教室等にICT機器(プロジェクター・ノート型パーソナルコンピュータ・実物投影機)を常設し、学びにあふれた学習環境の中で、生徒一人一人の学習意欲を高め、確かな学力の育成を目指している。
  • 1979年(昭和54年)より、生徒はブレザーネクタイを着用。
  • 東京都立駒場高等学校の隣にある。

教育目標[編集]

自主自立の精神をふまえ、豊かなをもち、たくましく生きる生徒の育成を目指して、教育を推進する。

  • 自らよく学びよく考え、責任をもって実践する生徒
  • 礼儀正しく、誠実で思いやりの心をもつ生徒
  • 心身ともに健康で、これからの社会で役立つ生徒

主な卒業生[編集]

関連項目[編集]