林哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

林 哲夫(はやし てつお、1955年 - )は、日本の画家エッセイスト

香川県出身。武蔵野美術大学卒業。1979-1980年ヨーロッパ各地に滞在。帰国後京都市神戸市に住むが、1995年阪神淡路大震災に遭遇して京都市に戻る。1999年古本好きが嵩じて書物雑誌『Sumus』を創刊。主に忘れられた出版人の再評価を試みる。2002年喫茶店の歴史を概観した『喫茶店の時代』で尾崎秀樹記念大衆文学研究賞受賞。

著書[編集]

  • 林哲夫作品集 風来舎 1992.12
  • 古本デッサン帳 青弓社 2001.7
  • 古本スケッチ帳 青弓社 2002.4
  • 喫茶店の時代 あのときこんな店があった 編集工房ノア 2002.2
  • 歸らざる風景 美術論集 みずのわ出版 2005.3
  • 文字力100 みずのわ出版 2006.6
  • 読む人 what are you reading? みずのわ出版 2006.10
  • 神戸の古本力 高橋輝次北村知之共編著 みずのわ出版 2006.12
  • 古本屋を怒らせる方法 白水社 2007.8
  • 書影でたどる関西の出版100 明治大正昭和の珍本稀書(編著)創元社 2010.10

参考[編集]