長谷川利行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長谷川 利行
(はせかわ としゆき)
Hasegawa selbst.jpg
自画像
生誕 長谷川利行
1891年7月9日
京都府京都市[1]山科区
死没 (1940-10-12) 1940年10月12日(49歳没)[2]
東京府東京市[1]
国籍 日本の旗 日本
教育 私立耐久中学校中退
著名な実績 洋画
受賞 第1回新光洋画会展入選 (1920年)
第14回二科展樗牛賞 (1925年)[1]
「一九三〇年協会」展奨励賞 (1926年)
後援者 天城俊彦[1]
活動期間 1920年代 - 1940年
田端変電所
第1回新光洋画会展入選 (1920年)

長谷川 利行はせかわ としゆき 明治24年(1891年7月9日? - 昭和15年(1940年10月12日)は京都府出身の洋画家歌人。姓の読みは本人の署名に従い「はせかわ」とした。愛称は「りこう[3]

経歴[編集]

1891年に京都府京都市山科区伏見警察署警察官であった長谷川利其(としその)、テルの五人兄弟の三男として生まれる。家族構成や出生日はいくつかの説があり、はっきりとしていない。和歌山県有田郡広村(現広川町)の私立耐久中学校(現県立耐久高校)に入学し文学を志し同人誌などを発行するも[4]1909年に中学校を中退する。当時は歌や詩に興味を持ち、1919年には「長谷川木葦集」という私家版の歌集[5]を発行している。30歳になる1921年に上京するも、しばらくは大衆小説などを書いていた。

いつ頃に絵を始めたか不明であるが、独学で画を学ぶ。自身の「アトリエ」を持たず、「思い立ったら絵を描く」スタンスを生涯続けた。帝展二科展に落選を重ね、田辺至ら主催[6]の第1回新光洋画会展 (1920年)[7][8]にて「田端変電所」が初入選する。

関東大震災に被災し、また震災の被害をうけた東京をうたった歌誌「火岸」[9]を刊行後、帰郷し、一時京都で活動する。1926年再上京し、日暮里日蓮宗中山派修練所の離れに暮らす。紹介で高橋新吉と出会い、前田寛治里見勝蔵の知遇を得る。

靉光熊谷守一麻生三郎井上長三郎寺田政明らとの交流が始まり、第14回二科展で樗牛賞を受賞、精力的に活動。翌1926年には佐伯祐三らの「一九三〇年協会」展で奨励賞を受けるなど、徐々に評価を高めていった。

だが、長谷川の生活は、浅草近辺の貧民街で一日中絵を描いているか、絵を換金して酒を飲んでいるかだったという。ついには、友人たちに絵を書いて送りつけたり、前田夕暮岸田國士ら著名人のところに押しかけて絵を描き、金をせびったりするなど生活は荒れ果てていった。このため、知人たちは後世まで彼については堅く口を閉ざしており、その経歴には不明な点が多い。

40歳を過ぎた1929年以降は山谷木賃宿簡易宿泊所救世軍の宿舎などを転々とし、1937年の二科展を最後に公募展へ出展していない。1932年に詩人や小説家と共に芸術家グループ「超々会(シュルシュル会)」を結成し、長谷川は会の中心的な人物となるものの、1年ほどで自然消滅したという。

麦酒室 (ビーヤーホール)
二科展・樗牛賞 (1927年)

その後、理解者であった天城俊彦新宿に開いた天城画廊で頻繁に個展を開いていたが、安酒の飲み過ぎで慢性化していた胃潰瘍が悪化すると徐々に身体が弱り、また1936年の晩秋頃に泥酔してタクシーにはねられ重傷を負うなど、1939年以降はほとんど作品を残していない。

1940年5月、三河島の路上で行き倒れになり養育院に収容される[10]胃癌の治療を拒否し、同年10月12日死去。49歳没。この際、手元にあったスケッチブックなどの所持品がすべて養育院の規則により焼却された。

1941年1月になって養育院を訪れた天城俊彦らにようやくその死が知られることとなり、遺骨は天城によって引き取られた。1947年に追悼の短歌集が発行され、高橋新吉、里見勝蔵、児島善三郎熊谷登久平、あるいは長谷川を援助した有島生馬[11]らが文を寄せた[12]

30周忌を迎えた1969年10月15日、上野不忍池弁天島に建てられた「利行碑」および隣に立つ歌碑の除幕式を画廊羽黒洞 (代表・木村東介) が主催する[注釈 1]

画風[編集]

画家としての活動は20年に満たないが、その割に残っている作品数は多い。非常に速筆で、1~2時間ほどでれっきとした油絵を仕上た。絵の具の物質性を活かし、木ヘラや指などで引っ掻いたように描いた作品も散見する。色彩としては、白を好んで使った。1935年からの数年間は、ガラス絵を多く手掛けている。見ていた人物の証言によると、ガラスを手に持ち正面を手前に向けたまま反対側に手を回し、裏面からひょいひょいっと僅かな時間で描いたという。

評価[編集]

劇団手織座は長谷川利行を描いた演劇として、1967年に第10回公演「落日の涯 長谷川利行の半生」(脚本:高橋玄洋)を朝日生命ホールで上演した (11月7日–同月19日)[13]

しかし、その無頼な生き方や経歴故に贋作が非常に多いことも手伝い、長谷川の作品の評価が進んだのは死後数十年たってからである。2009年、第3回「一九三〇年協会」展に出展した[14]絵画のうちの1点「カフェ・パウリスタ」が発見され、2月24日放送の開運!なんでも鑑定団で紹介された。鑑定額は1800万円。その後、職員が同放送を見ていたことから東京国立近代美術館が2009年度に買い取った[15]という経緯が、同番組で明かされた[16]。美術館では修復と科学分析が行われ[17][18]、所蔵する長谷川作品は『岸田国士像』(1930年)、『鉄工場の裏』(1931年) や『新宿風景』(1937年頃) と合わせて4点となった[注釈 2]

主な回顧展[編集]

1961年に開かれた個展では、短い会期に100点ほどが紹介された。それから半世紀以上を経た2018年の春から冬にわたり、代表作を含む140点前後を集めた規模の大きな回顧展が国内各地の5館を会場に開かれる。この「長谷川利行展 Hasekawa Toshiyuki - Retrospective」には新発見の作品も展示されている。

1961年03月07日03月12日 「長谷川利行名作展」

日本橋三越 (主催・日本経済新聞社) を会場に、没後20年を経て開かれた個展。100点近くを集めた[注釈 3]

2018年03月24日12月24日 「長谷川利行展 Hasekawa Toshiyuki - Retrospective」

油彩、水彩、素描、ガラス絵で構成。「カフェ・パウリスタ」のほか再発見された「水泳場」に加え、新発見「白い背景の人物」(1937年・個人蔵) 、40年前に公開された「夏の遊園地」(1928年・個人蔵) を出展している[22][注釈 4]

主な作品[編集]

タイトル 制作年 技法・素材 サイズ(cm) 所蔵先 出品展覧会 備考
田端変電所 1923年 キャンバス・油彩 23.8x32.6 広島県立美術館 第4回新光洋会展(1923年)
陸橋みち 1927年 キャンバス・油彩 21.8x45.0 かみや美術館 (1927年)
酒売場 1927年 キャンバス・油彩 53.3x65.5 愛知県美術館 第14回二科展(1927年) [31]
夏の遊園地 1928年 キャンバス・油彩 112.0x163.5 個人 第15回二科展(1928年)
頭蓋骨のある静物 1928年 キャンバス、ボード・油彩 37.8x30.2 個人 第15回二科展(1928年) [19]
カフェ・パウリスタ 1928年 キャンバス・油彩 53.0x72.8 東京国立近代美術館 第3回「1930年協会」展(1928年) 2009年購入[32][注釈 9]
地下鉄道 1928年 キャンバス・油彩 60.6x72.7 個人 第3回「1930年協会」展(1928年)
汽罐車庫 1928年 キャンバス・油彩 112.0x194.0 鉄道博物館 第4回「1930年協会」展(1929年) [注釈 10]
靉光像 1928年 キャンバス・油彩 45.7x37.8 個人 第4回「1930年協会」展(1929年)
Hasegawa Aimitsu.jpg
[注釈 11]
人物 1928年 キャンバス・油彩 33.3x45.2 個人 第4回「1930年協会」展(1929年)
子供 1929年 キャンバス・油彩 7270x60.3 個人 第16回二科展(1929年)
タンク街道 1930年 キャンバス・油彩 80.8x61.0 個人 第17回二科展(1930年)
東京ガス千住整圧所を写生
[19][注釈 12]
ポーチレエ(前田夕暮氏像) 1930年 キャンバス・油彩 100.0x72.5 個人 第17回二科展(1930年) [19]
岸田國士像 1930年 キャンバス・油彩、左上に署名、年記 74.0x54.0 東京国立近代美術館[注釈 13] 第18回二科展(1931年)
HasegawaToshiyuki-1930-Portrait of Kishida Kunio.png
水泳場 1932年 キャンバス・油彩 90.9x116.7 板橋区立美術館 第19回二科展(1932年) [注釈 14]
1932年 キャンバス・油彩 97.0x130.3 京都国立近代美術館 第19回二科展(1932年)
地下鉄ストアー 1932年 キャンバス・油彩 72.0x90.0 東京地下鉄株式会社
HasegawaToshiyuki-1932-Chikatetsu Store.png
1931年昭和6年)12月に開業し、壁面の20mもある大時計[37]で有名な「上野地下鉄ストアー」[38]を描いている。
荒川風景 1935年 ガラス・油彩 44.0x65.2 個人 利行のガラス絵の中でも異例の大作。
大和家かほる 1935年 キャンバス・油彩 41.0x32.0 個人 当時安来節で人気を誇った大和家三姉妹一座の座員を描いたものか。
新宿風景 1937年 キャンバス・油彩 46.0x53.0 東京国立近代美術館 1957 (昭和32)年度 購入[39][40][注釈 15]
ノア・ノア 1937年 キャンバス・油彩 80.2x65.0 堀美術館[41] 第1回一水会 利行最後の団体展出品作[19]。新宿にあった喫茶店ノア・ノアで描いた[41]

著作[編集]

夜景 (1935年)
  • 「敦賀の所感 (投稿欄)」、『みづゑ』第80号、1911年
  • 長谷川利行 『長谷川木葦集』、1919年NDLJP:914899 -『長谷川利行全文集』に収載。
  • 矢野文夫 (編) 『伊吹 : 詩集』 邦画荘、1944年NCID BA48324978 - 1冊
  • 「空しき青春」、白樺書房、1947年doi:10.11501/1341704
  • 矢野文夫 (編) 『長谷川利行全文集』 五月書房、1981年NCID BN10043402 - 362p, 図版[9]p

参考文献[編集]

  • 片多徳郎「新光洋画会」、『絵画清談』第8巻第7号、絵画清談社; 東京美術館、1920年7月、 24-25頁、 doi:10.11501/1500166
  • “長谷川利行”. 日本美術年鑑 (美術研究所) (昭和16年版): 93頁. (1942年). doi:10.11501/1142497. 
  • 矢野文夫 (編) 「放水路落日=長谷川利行晩年」『考える人=ロダン ; ユトリロの伝説と生涯 ; ヴァン・ゴッホの世界 ; 放水路落日=長谷川利行晩年』 角川書店〈世界の人間像 / 角川書店編集部 (編)〉、1965年NCID BN02871919
  • ヨシダ・ヨシエ (1974年10月). “書評 矢野文夫「長谷川利行」”. 美術手帖 (美術出版社) 26 (386): 176-177. ISSN 0287-2218. 
  • 寺田政明「今月の話題作 放浪の天才画家・長谷川利行展より「銀座風景」」、『月刊美術』第2巻3 (5)、実業之日本社、1976年3月、 46-47頁。
  • “有島生馬”. 日本美術年鑑 (東京国立文化財研究所) (昭和49・50年版): 256-257. (1976年). ISBN 9784805513002. OCLC 673073870. 
  • 『長谷川利行展 : 放浪の鬼才 : 日本のゴッホ』 松坂屋、中日新聞社1979年NCID BA50433116 - 図版1冊 (頁付なし)
  • 矢野文夫 (編) 「矢野文夫宛書簡 (昭和4年6月2日)」『長谷川利行全文集』 五月書房、1981年NCID BN10043402
  • 東京文化財研究所 『大正期美術展覧会出品目録』 中央公論美術出版、2002年NCID BA60432062
  • 保坂健二朗「[作品研究]長谷川利行《カフェ・パウリスタ》収蔵の経緯と修復・分析の報告」、『現代の眼(東京国立近代美術館ニュース)』584 (2010年10-11月号)、2010年
  • 永井龍之介「「カフェ・パウリスタ」再発見秘話 開運!なんでも鑑定団で驚きの鑑定額」、『美術の窓』第37巻第4号、生活の友社、2018年全国書誌番号:00073423
  • 原田光 『長谷川利行展 = Hasekawa Toshiyuki retrospective』、2018年NCID BB26302640 - 225p, viiip - 巡回展図録

関連文献[編集]

評伝[編集]

  • 矢野文夫 『夜の歌 : 長谷川利行とその芸術』 邦画荘、1941年NCID BA66175144 - 259p 図版24枚
  • 宇野浩二「水すまし(小説)」、『文芸』4月号、改造社、1943年4月1日、 112-127頁。
  • 矢野文夫 『放水路落日 : 長谷川利行晩年』 芸術社、1960年NCID BA57539975[注釈 17]
  • 井上長三郎「リベラリスト長谷川利行」、『みづゑ』第673号、美術出版社、1961年4月NAID 40005117186
  • 佐藤真一、赤根和生、匠秀夫、ヨシダヨシエ 『異端の画家たち』 造形社、1969年NCID BN12960538 - 220p
  • 『長谷川利行画集』 講談社、1972年NCID BN10560233 - 274p
  • 『長谷川利行作品集』 八重洲美術店、1973年NCID BN13081135 - 169p (おもに図)
  • 矢野文夫 『長谷川利行』 美術出版社〈美術選書〉、1974年NCID BN05665571[48] - 214p 図13枚
  • 同上 『野良犬 : 放浪画家・長谷川利行』 芸術社、1976年NCID BB08026392 - 359p 図版 [18] p
  • 『長谷川利行未発表作品集』 東広企画〈パリ通信選書〉、1978年NCID BN0165666X - 138p
  • 田崎暘之介 『野ざらしの詩 : 長谷川利行伝』 協和出版、1980年NCID BN14251172 - 309p
  • 井上長三郎「長谷川利行断片 (長谷川利行<特集>) -- (長谷川利行の思い出)」、『三彩』第413号、三彩社、1982年2月、 50-51頁、 NAID 40001483474

展覧会図録[編集]

  • 高崎正男 『長谷川利行画集』 明治美術研究所、1942年、改訂増補。NCID BA75068994 - 30p[注釈 18]
  • 『長谷川利行遺作展』 長谷川利行画集刊行会、196- 。NCID BN05211064 - 1冊 (頁付なし)
  • 『長谷川利行画集』 長谷川利行画集刊行会、1963年NCID BN12983668 - 36, 120, 82p
  • 『放浪の鬼才 長谷川利行展』 羽黒洞1968年 - 46p
  • 『長谷川利行展 : 放浪の天才画家』 三越、毎日新聞社、1976年NCID BN05209969 - 1冊 (頁付なし)[49]
  • 『長谷川利行画集』 長谷川利行画集刊行委員会 (編)、協和出版; 大和書房 (発売)、1980年NCID BB08219024 - 42p 図版 [128]
  • 『長谷川利行 : 幻の名作と、素描力!』 不忍画廊、2008年NCID BA90183149 - 1冊
  • 尾崎眞人 『読んで視る長谷川利行視覚都市・東京の色』 オクターブ〈「池袋モンパルナス」叢書; 池袋モンパルナスそぞろ歩き〉、2009年ISBN 9784892310720NCID BB00997070 - 60p

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 上野の「利行碑」揮毫は熊谷守一による[4]有島生馬が筆を取った隣の歌碑には、次の短歌2首が刻まれた。

    「己が身の影もとどめず水すまし 河の流れを光りてすべる」

    「人知れずくちも果つべき身一つの今かいとほし涙拭はず」

  2. ^ 所蔵品に加え、2011年2月末当時は『ガイコツと瓶のある静物』(頭蓋骨のある静物・1928年) といずれも1930年製作とされる『タンク街道』、『前田夕暮像』のほか『お化け煙突』(1935-36年) や『ノアノアの女』(1937年) の合計5点を受託している[19]
  3. ^ 遺作展[20]は同じ1961年2月末に東京の兜屋画廊で開催した[21]
  4. ^ 「長谷川利行展 Hasekawa Toshiyuki - Retrospective」の監修は原田光 (美術史家)で「長谷川利行の会」が協力。企画協力は一般社団法人INDEPENDENT[23]
  5. ^ 府中市美術館は長谷川利行作「カフェの入口」(1930年) を収蔵[26]
  6. ^ 碧南市制70周年記念事業 開館10周年記念「長谷川利行展 -藝術に生き、雑踏に死す-」は碧南市藤井達吉現代美術館のほか碧南市と碧南市教育委員会が主催、中日新聞社およびNHKプラネット中部が共催[23]
  7. ^ 久留米市美術館で開かれた「長谷川利行展 Hasegawa Toshiyuki」は久留米市美術館ならびに西日本新聞社とRKB毎日放送が主催、久留米市教育委員会 (後援) に加え、株式会社ブリヂストン (スペシャルパートナー) ならびにオフィシャルパートナーとして学校法人久留米大学と株式会社筑邦銀行および株式会社森光商店が連名している。
  8. ^ 「長谷川利行 展―生きることは絵を描くことに価するか―」は公益財団法人 足利市みどりと文化・スポーツ財団、東武鉄道の協力を得て開かれる[30]。展覧会の題名にある「生きることは絵を描くことに価するか」は、長谷川が関東大震災直後に発表した歌誌『火岸』に記した言葉[9]
  9. ^ 「カフェ・パウリスタ」は2018年の巡回展に出展[33]
  10. ^ 「汽罐車庫」は2018年の巡回展に出展[33]
  11. ^ 「靉光像」は2018年の巡回展に出展[33]
  12. ^ 友人に宛てた手紙にこのときの情景を記している[34]

    先夜寺島カエリニ千住タンク地帯ガ気ニ入ッタモノデスカラ、昨日ト今日、油絵ヲ描キニ出カケル所デス。

    寺島とは旧南葛飾郡寺島町を指し、現在の東京都墨田区東向島周辺に当たる。1930年当時は3年前から株式会社タカラトミーの前身の工場などが稼動し、おもちゃ産業の中心地として輸出を支えていた[35]。およそ4万9,000の人が住み、都市化の最中の活気に惹きつけられた長谷川が「タンク街道」を描いた2年後には、郡ごと東京市に編入された。

  13. ^ 1955年 (昭和30年)度木村東介氏より受贈[36]
  14. ^ 画集などではキャンバスと記載しているが、実際には麻袋のような目の荒い布に描かれている。「水泳場」は2018年の巡回展に出展[33]
  15. ^ 「新宿風景」は2018年の巡回展に出展[33]
  16. ^ 英文抄訳付き。Research report on Hasekawa Toshiyuki's Cafe Paulista: regarding its provenance and history, "price," subject, restoration, componential analysis and X-ray photographs.
  17. ^ 角川書店『世界の人間像』シリーズに再録[47]
  18. ^ 高崎正男は天城俊彦の本名。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 日本美術年鑑 1942, p. 93.
  2. ^ 日本美術年鑑 1942.
  3. ^ a b 福島県立美術館 2018.
  4. ^ a b 東俊郎 2018.
  5. ^ 長谷川利行 1919.
  6. ^ 光風会 2014.
  7. ^ 光風会 2018.
  8. ^ 片多徳郎 1920.
  9. ^ a b 空しき青春 1947, pp. 40-50.
  10. ^ 新井康子 1985.
  11. ^ 日本美術年鑑 1976.
  12. ^ 空しき青春 1947, pp. 93-127.
  13. ^ 早稲田大学演劇博物館 1967.
  14. ^ 東京文化財研究所 2002, p. 525.
  15. ^ 保坂健二朗 2011, pp. 1, 60.
  16. ^ 永井龍之介 2018, p. 38.
  17. ^ 保坂健二朗 2010, pp. 12-14.
  18. ^ 保坂健二朗 2011, pp. 60-73.
  19. ^ a b c d e 保坂健二朗 2011, p. 73.
  20. ^ 遺作展 1961.
  21. ^ 美術界年史 1961.
  22. ^ a b c d e サライ 2018.
  23. ^ a b 碧南市藤井達吉現代美術館 2018b.
  24. ^ 朝日新聞社 2018.
  25. ^ 沢山遼 2018.
  26. ^ 府中市美術館 2018.
  27. ^ 碧南市藤井達吉現代美術館 2018a.
  28. ^ 久留米市美術館 2018.
  29. ^ 美術手帖 2018.
  30. ^ 足利市立美術館 2018.
  31. ^ 愛知県美術館 2017.
  32. ^ 保坂健二朗 2011, p. 1.
  33. ^ a b c d e 巡回展 2018.
  34. ^ 矢野文夫 1981.
  35. ^ 葛飾区 2018.
  36. ^ 東京国立近代美術館 1930.
  37. ^ TIMEKEEPER 2010.
  38. ^ メトロ文化財団 1926.
  39. ^ 東京国立近代美術館 1957.
  40. ^ 新宿風景 1965.
  41. ^ a b 堀美術館 2018.
  42. ^ a b c d e 日本近代絵画全集 1962.
  43. ^ a b c 洲之内徹 2008.
  44. ^ 東俊郎 2000.
  45. ^ 河崎晃一 2006.
  46. ^ 中日新聞社 1979.
  47. ^ 矢野文夫 1965.
  48. ^ ヨシダ・ヨシエ 1974, pp. 176-177.
  49. ^ 寺田政明 1976, pp. 46-47.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]