長谷川利行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長谷川 利行
(はせがわ としゆき)
生誕 長谷川利行
1891年7月9日
京都府京都市山科区
死没 (1940-10-12) 1940年10月12日(49歳没)
東京府東京市
国籍 日本の旗 日本
教育 私立耐久中学校中退
著名な実績 洋画
後援者 天城俊彦
活動期間 1920年代 - 1940年

長谷川 利行はせがわ としゆき 明治24年(1891年7月9日? - 昭和15年(1940年10月12日)は京都府出身の洋画家歌人。名の読みは「りこう」とも。

経歴[編集]

1891年に京都府京都市山科区伏見警察署警察官であった長谷川利其(としその)、テルの五人兄弟の三男として生まれる。家族構成や出生日はいくつかの説があり、はっきりとしていない。和歌山県有田郡広村(現広川町)の私立耐久中学校(現県立耐久高校)に入学し、文学を志し同人誌などを発行するも、1909年に中学校を中退し、当時は歌や詩に興味を持ち、1919年には「長谷川木葦集」という私家版の歌集[1]を発行している。1921年に上京するも、しばらくは大衆小説などを書いていた。

いつ頃に絵を始めたか不明であるが、独学ながら非常に速筆で、1~2時間ほどでれっきとした油絵を仕上げてしまう。自身の「アトリエ」を持たず、「思い立ったら絵を描く」スタンスを生涯続けた。帝展二科展に落選を重ね、1923年の第1回新光洋画会展にて「田端変電所」が初入選する。

関東大震災に被災し、また震災の被害をうけた東京をうたった歌誌「火岸」を刊行後、帰郷し、一時京都で活動する。1925年再上京し日暮里の寺院の離れに暮らす。紹介で高橋新吉と出会い、前田寛治里見勝蔵の知遇を得る。

靉光麻生三郎井上長三郎寺田政明らとの交流が始まり、第14回二科展で樗牛賞を受賞するなど精力的に活動。翌1926年には一九三〇年協会展で奨励賞を受けるなど、徐々に評価を高めていった。

だが、長谷川の生活は、浅草近辺の貧民街で一日中絵を描いているか、絵を換金して酒を飲んでいるかだったという。ついには、友人たちに絵を書いて送りつけたり、岸田國士ら著名人のところに押しかけて絵を描き、金をせびったりするなど生活は荒れ果てていった。このため、知人たちは後世まで彼については堅く口を閉ざし(このため彼の経歴には不明な点が多い)、長谷川の評価が進んだのは死後数十年たってからである。

40歳を過ぎた1930年代以降は木賃宿簡易宿泊所救世軍の宿舎などを転々とし、1937年の二科展を最後に公募展への出展をしていない。1932年に詩人や小説家と共に芸術家グループ「超々会(シュルシュル会)」を結成し、長谷川は会の中心的な人物となるものの、1年ほどで自然消滅したという。

その後、理解者であった天城俊彦新宿に開いた天城画廊で頻繁に個展を開いていたが、安酒の飲み過ぎで慢性化していた胃潰瘍の悪化で徐々に身体が弱り、また1936年の晩秋頃に泥酔してタクシーにはねられ重傷を負うなど、1939年以降はほとんど作品を残していない。

1940年5月、胃癌のため三河島の路上で倒れて、東京市養育院に収容される。治療を拒否し、同年10月12日死去。49歳没。この際、手元にあったスケッチブックなどの所持品がすべて養育院の規則により焼却された。

1941年1月になって養育院を訪れた天城俊彦らにようやくその死が知られることとなり、遺骨は天城俊彦によって引き取られた。

1969年、上野不忍池弁天島に「利行碑」が建てられ、長谷川の短歌が刻まれている。[2]

2009年、一九三〇年協会展に出展していたうちの一つの絵画、「カフェ・パウリスタ」が発見され、2月24日放送の開運!なんでも鑑定団で紹介された。鑑定額は1800万円。その後、放送を見た東京国立近代美術館の職員が絵画を買い取った事が同番組で明かされた。

主な作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 長谷川利行 『長谷川木葦集』、1919年 NDLJP:914899
  2. ^ 刻まれた短歌は「己が身の影もとどめず水すまし 河の流れを光りてすべる」揮毫は熊谷守一によるもの。
  3. ^ 東京ガス千住整圧所を描いている。友人に宛てた手紙(長谷川利行全文集より「矢野文夫宛書簡」昭和4年6月2日)の中で「先夜寺島カエリニ千住タンク地帯ガ気ニ入ッタモノデスカラ、昨日ト今日、油絵ヲ描キニ出カケル所デス」という文が残っている。
  4. ^ 1931年昭和6年)12月に開業し、壁面の20mもある大時計で有名な「上野地下鉄ストアー」を描いている。

関連書物[編集]

外部リンク[編集]