木村東介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木村東介(きむら とうすけ、1901年4月8日 - 1992年3月11日)は美術商。本名は文雄。山形県米沢市出身。建設大臣などを務めた木村武雄は弟。

経歴[編集]

米沢商業学校を中退して上京し、一時は憲政公論社に入社し侠客となる。肉筆浮世絵大津絵等を扱う羽黒洞(はぐろどう)を1936年に創立。1960年日本橋に不忍画廊(しのばずがろう)を開く。柳宗悦吉川英治らと交友を持ち、民芸を積極的に取り扱った。長谷川利行斎藤真一らを無名時代から支援した。

外部リンク[編集]