朽木村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くつきむら
朽木村
廃止日 2005年1月1日
廃止理由 新設合併
高島町安曇川町新旭町今津町マキノ町朽木村高島市
現在の自治体 高島市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 滋賀県
高島郡
団体コード 25523-8
面積 165.77km²
総人口 2,499
推計人口、2004年12月1日)
隣接自治体 大津市
滋賀郡 志賀町
高島郡 高島町、安曇川町、今津町
京都府 京都市北桑田郡 美山町
福井県 小浜市遠敷郡 上中町名田庄村
村の木 スギ
村の花 ヤマユリ
村の鳥 ウグイス
朽木村役場
所在地 520-1401
滋賀県滋賀県高島郡朽木村大字市場604
外部リンク 朽木観光協会
座標 東経135度55分2.5秒
北緯35度21分14.3秒
Map.Kutsuki-Vill.Shiga.PNG
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

朽木村(くつきむら)は、滋賀県西部(湖西)の高島郡に存在した

永らく滋賀県唯一の「村」だったが、2005年1月1日、同郡高島町安曇川町新旭町今津町マキノ町と合併して高島市となり、郡と共に廃止した。しかし合併後も「朽木」の名前を残すべく「高島市朽木○○」としている。

地理[編集]

滋賀県最西端に位置し、西は京都府、北は福井県に接する。中心地は市場。村域東部は比良山地で、西部は丹波高地の東端部である。安曇川の上・中流域を占める。朽木村一帯は朽木谷(くつきだに)とも呼ばれる。朽木村西部一帯(針畑川流域)は針畑(はりはた)と呼ばれ、山を挟んだ京都市左京区久多とも古くから交流があった地域である。

歴史[編集]

古くから、若狭国小浜京都を短絡する道、俗にいう鯖街道が縦断し、街道筋として栄えた。現在は国道367号となっている。また、「朽木の」と呼ばれ、京への木材の供給地でもあった。

朽木氏鎌倉時代から江戸時代に掛けて朽木庄を支配していて、室町幕府奉公衆でもあった縁で天文22年(1553年)に朽木元綱は13代将軍足利義輝細川晴元らを朽木村に匿っている。元亀元年(1570年)、織田信長朝倉攻め浅井長政が裏切った時、信長は浅井の領地である湖東を避けて朽木村経由で帰郷しようとした時も元綱は信長を助け、後に家臣に取り立てられた。

昭和46年(1971年4月1日伊香郡余呉村・西浅井村、東浅井郡びわ村が町制施行して余呉町西浅井町びわ町になって以降、県内唯一の村となっていた。

沿革[編集]

産業[編集]

豊かな森林資源から林業が盛んで、安曇川ではかつて木材運搬のためのいかだ流しが行われた。いかだ流しの水運安全を祈る「しこぶち」信仰が今も伝わる。木地山地区(麻生)などでは木工芸も発達した(木地師)。農業では椎茸の栽培が盛んである。

交通[編集]

鉄道[編集]

湖西線堅田駅から江若交通バス細川行き(50系統)に乗り、同停留所で江若交通バス安曇川高校行き(221系統)に乗り継ぐことでも来訪出来るが、50系統の運行は1日3本のみであり、接続も考慮されていない。途中の梅ノ木で高島市営バス針畑線に乗り継ぐ方法もあるが、接続が比較的良いのは午前中の便で朽木学校方面へ向かう場合のみである。堅田に出る場合は針畑線の右渕上行きに乗車し、終点一つ手前の右淵下から細川まで徒歩連絡する手もとれるが、川に阻まれた地形から両停留所間は2km程度の移動を要し、接続できる江若交通バスも最終便のみとなっている。

道路[編集]

教育[編集]

小学校[編集]

  • 朽木東小学校 (朽木村岩瀬)
  • 朽木西小学校 (朽木村中牧)
  • 朽木西小学校平良分校(朽木村平良)

中学校[編集]

  • 朽木中学校 (朽木村市場)

観光[編集]

名産[編集]

外部リンク[編集]