山陰街道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山陰街道篠山市八上の旧道)

山陰街道(さんいんかいどう)は、日本の街道である。から丹波を経て山陰地方を通り、周防国の小郡(現・山口市)で西国街道に合流する。山陰道(さんいんどう)、山陰路(さんいんじ)、丹波街道(たんばかいどう)、丹州街道(たんしゅうかいどう)、丹波路(たんばじ)、丹州路(たんしゅうじ)とも呼ばれた[1]。しかし、明治時代に京都府令により「山陰街道」の名称に統一された。

現在の国道9号線は、これにほぼ沿っている。

なお、古代・中世における山陰道と近世の山陰街道は、ルートが異なっている。

概要[編集]

京の七口の一つとされる丹波口を起点として、樫原を経由し老の坂を越えて丹波国に入り、亀岡園部三和を経て福知山に達し、夜久野を経て但馬国へと繋がっている。

1876年明治9年)に、丹波国天田郡丹後国豊岡県から編入され、ほぼ現在の形になった京都府内を縦貫する道路整備が課題となる中、1881年(明治14年)に府会は京都・宮津間の縦貫車道の開削を議決した。

この事業は、全国で初めて獲得した国庫補助金や沿道住民の金銭面・労力面の支援のもと、1889年(明治22年)に完成し、それまで2泊3日を要した京都・宮津間を15時間で結ぶことが出来るようになった。

この京都・宮津間道路の築造に尽力したのは、第3代京都府知事である北垣国道と、工部大学校を卒業した田辺朔郎であり、彼らはこの道路の築造の後、琵琶湖疏水を完成に導いた。

ルーツは古代の幹線道路である山陰道であるが、幹線道路が街道と呼ばれるようになった近世においては、古代の山陰道とは異なり京都から福知山城へ向かうルートが取られた。

国道372号

コースについても実ははっきりしない。平安京羅城門を起点として大縄手を西行して桂川を横断、樫原、大枝、王子(亀岡市)に至って丹波に入る。ここより府道402号線のコースを通って国道372号沿いに天引峠を越えて篠山盆地に入る。その後、正確なルートは判明していないが、国道176号のコースを通って丹後国府(宮津市)に入り、さらに国道482号線コースに但馬国府(豊岡市)に抜けるのではないかと推測されている。 但し、上記のコースの場合、丹波国府に入れないことから、以前はどこからか大堰川を越え亀岡市河原尻町を抜け丹波国府、この後、府道73号線に千代川経由、宮川で国道372号コースになるという説もある。[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 丹波(丹州)−は、主に京側からの呼称。

関連項目[編集]