度会氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
度会氏
No image available.svg
本姓 石部直
家祖 天牟羅雲命または大佐々古直
種別 神別(天孫または地祇)
皇別
華族男爵
出身地 伊勢国または丹波国
主な根拠地 伊勢国度会郡
著名な人物 渡会春彦
度会家行
出口延佳
支流、分家 檜垣家(社家)
松木家(社家)
久志本家(社家)
佐久目家(社家)
河崎家(社家)
宮後家(社家)など多数。
凡例 / Category:日本の氏族

度会氏(わたらいうじ)は、「度会」をの名とする日本氏族。多くは明治初期まで伊勢豊受大神宮伊勢神宮外宮)の祠官世襲した。


概要[編集]

一般に流布している系図によれば、度会氏の祖は天牟羅雲命天児屋命または天御雲命の子)であると伝えられ、伊勢国造の後裔であるとされる[1]。しかし宮内庁書陵部所蔵の「尾張氏系図」等に彦坐王の後裔・丹波国造一族の大佐々古直が石部直度会神主の祖と系図に見えており、この系図の伝承が史実であった可能性がある[2]。当初は石部直を称していたが、奈良時代に渡会(渡相)神主姓を下賜されたという。古くから伊勢神宮外宮の禰宜を世襲し、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて、伊勢皇大神宮(内宮)と争い伊勢神道を唱えた。多くの家に分かれたが、禰宜を務められた家(重代家)は、檜垣家・松木家など6家のみであった。

主な度会氏[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西川順土校注「度會神主四門氏人出口系譜」『神道大系 論説編七 伊勢神道(下)』神道大系編纂会、1982年、415-417頁。
  2. ^ 宝賀寿男国宝「海部氏系図」への疑問 2頁」『古樹紀之房間』、2006年。

参考文献[編集]

  • 日本史用語研究会 『必携日本史用語』(四訂版)実教出版 (原著2009-2-2)。ISBN 9784407316599 
  • 全国歴史教育研究協議会 『日本史B用語集―A併記』(改訂版)山川出版社 (原著2009-3-30)。ISBN 9784634013025 
  • 『神道行法の本―日本の霊統を貫く神祇奉祭の秘事』学研 (原著2005-2-25)。ISBN 9784056037753 

関連項目[編集]