伊勢神道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊勢神宮外宮(豊受大神宮)

伊勢神道(いせしんとう)とは、伊勢神宮で生まれた神道の説。外宮の神職(度会氏)の間で唱えられるようになった。このため、度会神道外宮神道ともいう。

概要[編集]

鎌倉時代末期に、それまでの両部神道山王神道などの本地垂迹説とは逆に、反本地垂迹説(神本仏迹説)が勃興するようになり、その影響で、伊勢神宮の外宮の神官である度会家行によって、伊勢神道が唱えられた[1]。伊勢神道は、『神道五部書』(偽書とされる[1])を根本経典とする。また、儒教道教思想の要素も含まれた最初の神道理論とされる[2]。伊勢神道は、元寇により、日本を「神国」であると再認識し、唯一絶対の日本の宗教が神道であるとする勢力のよりどころとされて、発展した。

その思想は、外宮の祭神である豊受大神を、天地開闢に先立って出現した天之御中主神国常立尊と同一視して、内宮の祭神である天照大神をしのぐ普遍的神格(絶対神)とし、内宮に対抗する要素があった[3]。それまで、外宮の豊受大神は、内宮の天照大神に奉仕する御饌津神とされていたが、度会氏は『神道五部書』を根拠に、外宮を内宮と同等、あるいはそれ以上の権威あるものとし、伊勢神宮における外宮の地位の引き上げを目指した[1]

伊勢神道の理論の構成には、中国思想の影響が多分に感じられるが、絶対神の存在を強調することで、神を仏の上位におき、反仏、排仏の姿勢を示したのである[2]

伊勢神道は、鎌倉時代・室町時代を前期、江戸時代を後期とする。代表的な神道家として、創唱者の度会家行のほか、出口延佳などがあげられる。

伊勢神道家[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日本史用語研究会 『必携日本史用語』 実教出版、2009年、四訂版。
  2. ^ a b 全国歴史教育研究協議会 『日本史B用語集―A併記』 山川出版社、2009年、改訂版。
  3. ^ 『神道行法の本―日本の霊統を貫く神祇奉祭の秘事』 学研〈BooksEsoterica〉、2005年

参考文献[編集]

関連項目[編集]