御巫清直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

御巫 清直(みかなぎ きよなお、1812年3月27日文化9年2月15日) - 1894年明治27年)7月4日)は、江戸時代末期の国学者。また伊勢外宮豊受大神宮)の神職

名は光直。通称寿之助、権之亮、志津摩、尚書。号は棒園。本居春庭門下。清生は嗣子。

杉原光基の長男に生まれ、父から国学を学ぶ。15歳の時、従祖父の御巫清富の家を継いで神職に就く。伴信友鈴木重胤ら多数の国学者と親交を結び、神道五部書など伊勢神宮関係の文献や斎宮の考証に貢献。また平田篤胤の説を受けて偽書の疑い濃い『先代旧事本紀』を本格的に研究し、『先代旧事本紀』研究の基礎を築いた。

書道雅楽能楽茶道にも通じ、三重県四日市市垂坂町の立坂神社には歌碑も残っている。

著書多数。享年83。

著書[編集]

  • 『大神宮本記記正鈔』
  • 『神朝本紀』
  • 『先代旧事本紀折疑』
  • 『斎宮寮考証』

関連書[編集]

関連項目[編集]