天之御中主神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
古事記による「天地開闢」における神々

天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)は、『古事記』において天地開闢の折に最初に現れた、日本神話[1]

天之御中主神の後に高御産巣日神(たかみむすひ-)、神産巣日神(かみむすひ-)が現れ、三柱の神はすぐに姿を隠したとしている。これらの神を造化三神といい、性別のない[要出典]独神」(ひとりがみ)という。

日本書紀』本文には記述はなく、[1]第一段で6つ書かれている一書のうちの第四の一書にのみ登場する。そこでは、まず国常立尊、次に国狭槌尊が表れたと書き、その次に「また、高天原においでになる神の名を天御中主尊(あめのみなかぬしのみこと)という」と書かれている。この記述からは、前に書かれた二神とどちらが先に現れたのかはわからない。なお、他の一書では、最初に現れた神は国常立尊(本文、第一、第四、第五)、可美葦牙彦舅尊(第二、第三)、天常立尊(第六)としている。

神名は、天(高天原)の中央に座し天空を主宰する神という意味である。[1]

『古事記』、『日本書紀』とも、その後の事績は全く書かれておらず、中国天帝の思想の影響によって机上で作られた神であると解釈されてきた[2]。 『延喜式』神名帳には天之御中主神の名前や祭った神社の記載がなく、実際に信仰された形跡はない。[1] しかし天之御中主神には倫理的な面は全く無いので、中国の思想の影響を受けたとは考え難いとする意見もある[3]天空神が至高の存在として認められながらも、その宗教的現実性を喪失して「暇な神」となる現象は、世界中で多くの例がある[4]

中世伊勢で発達した伊勢神道においては、神道五部書などで、伊勢神宮外宮の祭神である豊受大神の本体が天之御中主神であるとされた。これは、伊勢神道の主唱者が外宮神職度会氏であったため、外宮を始原神である天之御中主神であると位置づけることで、内宮に対する優位を主張するものであった。伊勢神道を中心とする中世神話において、天之御中主神は重要な位置を占める神格である。

平田篤胤は禁書であったキリスト教関係の書籍を読み、その万物の創造神という観念の影響を強く受けた[5]。そして『霊之御柱』において、この世界の姿が確定する天孫降臨以前の万物の創造を天之御中主神・高皇産霊神神皇産霊神造化三神によるものとした。この三神は復古神道においては究極神とされ、なかでも天御中主神は最高位に位置づけられている。

日本神話の中空構造を指摘した河合隼雄は、月読命(つくよみ-)、火須勢理命(ほすせり-)と同様、無為の神(重要な三神の一柱として登場するが他の二柱と違って何もしない神)として天之御中主神を挙げている[6]

神社[編集]

現在、主にこの神を祭る神社には、妙見社系、水天宮系と、近代創建の3系統がある。

  1. 妙見社系の端緒は、道教における天の中央の至高神(天皇大帝)信仰にある。北極星北斗七星信仰、さらに仏教の妙見信仰(妙見菩薩・妙見さん)と習合され、熊本県の八代神社千葉氏ゆかりの千葉神社九戸氏ゆかりの九戸神社、埼玉県の秩父神社などは妙見信仰のつながりで天之御中主神を祀る妙見社である。妙見社は千葉県では宗教法人登録をしているものだけでも50社以上もある。全国の小祠は数知れない。
  2. 水天宮は、元々は天之御中主神とは無関係だったが、幕末維新の前後に、新たに主祭神として追加された。
  3. 明治初期に大教院の祭神とされ、東京大神宮四柱神社などいくつかの神社が祭神に天之御中主神を加えた。

出雲大社では別天津神の祭祀が古い時代から行われていた。現在も御客座五神として本殿に祀られている。出雲大社が古くは高層建築であったことは別天神の祭儀と関係があるとする説がある[3]

註釈[編集]

  1. ^ a b c d 守屋俊彦、「天之御中主神」 - 日本大百科全書(ニッポニカ)、小学館。
  2. ^ 次田真幸『古事記 (上) 全訳注』講談社〈講談社学術文庫〉、1977年、39頁
  3. ^ a b 匝瑤 葵「宇宙を構成する古事記の別天神―出雲大社の天空神」 『アジア遊学』No.121、pp.94-101、勉誠出版、2009年 。
  4. ^ ミルチャ・エリアーデ 『神話と夢想と秘儀』 岡三郎訳、国文社、1972年、231頁。
  5. ^ 村岡典嗣「平田篤胤の神学に於ける耶蘇教の影響」1920年「芸文」11巻3号。所収『新編日本思想史研究』2004年、平凡社〈平凡社東洋文庫〉
  6. ^ 河合隼雄『中空構造日本の深層』[要文献特定詳細情報]

関連項目[編集]