国狭槌尊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国狭槌尊

神世七代 第二代
先代 国常立尊
次代 豊斟渟尊

神祇 天津神
全名 国狭槌尊
別名 国之狭土神、国狭立尊
神社 熊野速玉大社物部神社
「天地開闢」における神々(古事記による)

国狭槌尊(くにさつちのみこと)は、日本神話に登場する

概要[編集]

主に『日本書紀』の天地開闢の段に登場する神で別名国狭立尊(くにのさたちのみこと)。神代七代のうちの一柱である。

古事記』には大山津見神の子に天之狭土神国之狭土神がいるが、国狭槌尊と同一神とは限らない。

神名「サツチ」の「サ」は神稲、「ツチ」は土、即ち神稲を植える土の意か[1]

神話での記述[編集]

『日本書紀』本文では、天地開闢の後国常立尊、国狭槌尊が登場し、次に豊斟渟尊化生したとしており、これらの三柱の神は男神であると記している。

第一、第二と第四の一書では、国常立尊の次に国狭槌尊が登場し、他の一書には同一神とみられる神名は登場しない。『日本書紀』にこれ以降、国狭槌尊が神話に登場することはない。

脚注[編集]

  1. ^ 坂本・家永・井上・大野『日本書紀(一)』岩波文庫、補注1-九

関連項目[編集]