サムハラ神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「𪮷〓𪮷𪮇神社」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
𪮷〓𪮷𪮇神社
Samuhara shrine.JPG
所在地 大阪府大阪市西区立売堀2-5-26
位置 北緯34度40分44.2秒
東経135度29分27.5秒
座標: 北緯34度40分44.2秒 東経135度29分27.5秒
主祭神 天御中主大神、高産巣日大神、神産巣日大神
創建 1950年(昭和25年)
例祭 月次祭(毎月23日)、春秋大祭(4月・10月 22・23日)
テンプレートを表示

𪮷〓𪮷𪮇神社(さむはらじんじゃ)とは大阪府大阪市西区立売堀(いたちぼり)にある神社である。

概要[編集]

祭神は天之御中主神高皇産霊神神皇産霊神であり、𪮷〓𪮷𪮇は三神の総称である。奥の院が美作加茂(岡山県津山市)にある。

1935年昭和10年)に田中富三郎が出身地の岡山県苫田郡西加茂村(現・津山市加茂町)にて旧い小さなほこらの荒廃を嘆き再興したのが本社の起源。しかし翌年岡山県特高課から無許可神社で商品広告しているとして自主撤去を求められ、𪮷〓𪮷𪮇信光会は11月27日に解消し、撤去を行った[1][2]。戦後ほこらは再建され、神社は大阪中之島豊国神社隣接地に自費で建立。1961年(昭和36年)に現在地へ移築遷宮された。隣接地に大阪府警察の機動警ら隊がいる。

建立者[編集]

田中富三郎。1868年明治元年)3月3日に美作加茂で生まれる。万年筆業界の先駆者で「田中大元堂」を経営。加茂西小学校図書館を建設、奨学資金を贈るなど児童育成に貢献し紺綬褒章を授与される。𪮷〓𪮷𪮇大神をあつく信仰していたため日清戦争日露戦争で数々の危難をまぬがれ、𪮷〓𪮷𪮇大神の霊徳を世の人々に分かつため私財で𪮷〓𪮷𪮇神社を建立。神前扉材は伊勢神宮より賜った。戦時中に兵士にお守りを贈る活動をしていたが、戦後も小判の形のお守りを自費で作成し無料で人々に配布していた。多くの要人にも贈呈をした。90歳までは自転車を乗り回すことも平易だった。97歳の時でも壮健であり自らを青年と称した。「信仰は万益有って一害なし」と常に提唱。毎朝参拝を欠かしたことはなかった。1967年(昭和42年)12月3日逝去。享年100。𪮷〓𪮷𪮇神社境内に胸像がある。宮司は養子が継いだ。

祭礼[編集]

授与品[編集]

  • 商標登録されている(登録番号・第4197997号)。
  • 銭の形をしているお守りは1000円・袋付き(袋守)3色(朱・紫・緑)は1200円。
  • 学業成就お守り 1000円
  • 指輪(神輪)は3000円、号数を指定する。(測定用のリングゲージがあるのでその場でサイズを測ることができる。また、手持ちの指輪サイズを測るサイズ棒もある。)
  • 御神符 極小(紙札)1000円・神棚に収める家内安全家庭用お札(紙札)1000円・厄除けお札(紙札)1000円・商売繁昌 大お札(紙札)2000円・お札(木札)3000円。
  • 交通安全お守り(「ステッカー型お守り」と「紐の付いたお守り」のセット)1500円。
  • 本暦(暦)200円

郵送も可能(送料は別)

祈祷料[編集]

  • 5000円以上(2012年11月現在。種別により祈祷料が異なる。詳しくは社務所内に文書で掲示してある)

平野町護符所[編集]

大阪市中央区平野町に宗教法人サムハラ神社収益事業部があり、施設の名称をサムハラ神社平野町護符所と称する。施設の入り口前にはサムハラ神社の授与品(お札・お守りなど)が展示されている。

  • サムハラ神社平野町護符所(サムハラ神社護符所)
大阪市中央区平野町4-6-10

関係のあった人物[編集]

  • 浜木綿子 - 1964年(昭和39年)2月、公演中事故にあったが怪我をまぬがれた。
  • 山本利助 - 1964年(昭和39年)6月、交通事故にあったが怪我をまぬがれた。小倉屋山本の社長。お礼として境内にクスノキを献樹した。
  • 宇野豊蔵 - 1985年(昭和60年)1月、交通事故にあったが怪我をまぬがれた。宇野宗佑の伯父で実教出版の元名誉会長。

サムハラについて[編集]

無傷無病、延命長寿の神として知られる。𪮷〓𪮷𪮇サムハラ[3][4]とは不思議の4文字で、身を守ると言われている。これは漢字のような文字であるが、神字であり漢字とは異なる。Unicodeには、〓のみが収録されておらず、活字変換は不可。他の文字は全てCJK統合漢字拡張Cに収録されている。

東大寺(印西東大寺)(千葉県印西市)、雷山千如寺大悲王院(清賀上人により十転化の功徳があるという)など各地の寺社のお守りの呪文に使用されている。

サムハラの故事[編集]

  • 曾子が病になって臨終の際に、弟子に体の全部を調べさせ、一つの傷痕もないのを見て安心し「父母に体を受けて生まれて幸いにも一つの傷痕もなくお返しする事ができるのはを尽くしたことだ」と言い、生命の守護神(𪮷〓𪮷𪮇大神)に深く感謝したという。
身體髮膚 受之父母 不敢毀傷 孝之始也[5]

身体髪膚これを父母に受く、あえて毀傷せざるは孝の始めなり

— 孝経
  • 加藤清正文禄・慶長の役の時、𪮷〓𪮷𪮇を武器の刃に彫りつけて信じていたために万死に一生を得たという。
  • 耳嚢[6]』巻2に、1782年天明2年)、新見愛之助という小姓が登城の時に馬ごと坂の下に落ちたが怪我がなかった。他の者に理由を聞かれると領民から送られた守護札を見せ「領民が野においてキジを矢で射たが当たらず、逃げようともしない。弓がうまい者たちが競ったが駄目であった。このキジを捕まえたところ背中に𪮷〓𪮷𪮇の4文字が書いてあった。『この文字を書いた札を懐に入れておくと良いことがある』と流行った。」と語った[7]との記述がある。
  • 平田篤胤の『仙境異聞』(上) 三之巻[8][9]に慶長年間に大樹公(征夷大将軍のこと)が狩で発見した鶴の羽にあった文字(𪮷〓𪮷𪮇の文字)が怪我よけとして広まり、寅吉が仙骨の人の符字のようなものに見たが、「ジヤク、コウ、ジヤウ、カウ」というように聞いたがよく知らないと言ったという。
  • 岡田挺之の随筆『秉穂録』に「福岡でを捕ったところ、鶴の翼に「さむはら」という四文字の符字があった。長命の符字であるだろうと人々はこれを写し取って帯びた。また斎藤実盛の位牌が淡路のある寺にあり、位牌の背にこの四文字がある。最近、江戸でこの符字を帯びた人が落馬したが怪我が無かったので、これを帯びることが流行した。」とある[10]
  • 國安仙人(万延元年(1860年)7月23日-大正元年(1912年)9月28日 幼名 米太郎 普明光美 加波山神社の摂末社普明神社に祀られる。)が信者に与えたタク字びよる霊符の最初の4文字がサムハラの文字(読みは「けん しょう けん ご」)であったという[11]

その他[編集]

  • 𪮷〓𪮷𪮇サンスクリット語の saṃvara (「三跋羅[12](さんばら)」)という言葉に由来するという。
  • 淡路の寺に斎藤実盛位牌があり、その背に𪮷〓𪮷𪮇の文字が書かれている。経緯は地元の人も知らない。
  • 短刀に刻印し守り刀とされた[13]
  • 厭勝銭(えんしょうせん)の一種にサムハラ銭がある[14][15](厭勝銭は流通貨幣ではなく、縁起物もしくは護符として所持した銭。ここでは弾除けの祈念銭)。

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 井上順孝ほか『新宗教事典』「VII新宗教と社会 2法との摩擦 大正・昭和前期の宗教統制」 1990(平成2年)年 弘文堂 ISBN 4335160186
  2. ^ 昭和十三年 毎日年鑑 大阪毎日新聞社東京日日新聞社共編 1937年 P.273
  3. ^ サムハラ画像”. 2010年8月4日閲覧。
  4. ^ サムハラの咒符”. 2010年8月5日閲覧。
  5. ^ Wikisource reference 孝經. 孝經#.E9.96.8B.E5.AE.97.E6.98.8E.E7.BE.A9.E7.AB.A0.C2.B7.E7.AC.AC.E4.B8.80. - ウィキソース. 
  6. ^ 根岸鎮衛 長谷川強訳. 『耳嚢 (上)』. 岩波文庫. 岩波書店. ISBN 978-4003026113. 
  7. ^ 耳袋 巻之二 #18”. 耳袋. 2010年8月5日閲覧。
  8. ^ 『仙境異聞』(上) 三之巻”.  仙境異聞. 2007年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月9日閲覧。
  9. ^ 仙境異聞(上) 三之巻 平田篤胤 筆記”.  小さな資料室. 2010年8月9日閲覧。
  10. ^ サムハラ 怪異妖怪伝承データベース
  11. ^ 不二龍彦 (1995). 日本神人伝 神の言葉を取り次ぎ、あまたの奇跡を顕した14人の超人たち. 学研ムックムースペシャル 神秘世界のすべてがわかる本 1. 学習研究社. pp. 57. ISBN 4056008728. 
  12. ^ Wikisource reference 丁福保. 佛學大辭典/三跋羅. - ウィキソース. )
  13. ^ 特攻隊員が身に付けていた短刀”. 2010年8月9日閲覧。
  14. ^ 記念銭 除隊記念・寛永通宝”. お宝鑑定. 2006年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月11日閲覧。
  15. ^ 神伝怪我除之御守り「サムハラ」”. pr 26, 2006時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月11日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 造化の三神
  • 飯尾憲士 - 『さむはら[1]』という本の著者。表紙に𪮷〓𪮷𪮇を使用。
  • 植芝盛平 - 『武産合気[2]』に 九鬼隆治と出会った記述がある。その九鬼隆治は「九鬼武産」をサムハラと読むと言っていたという[3]。また、「天之村雲九鬼さむはら龍王大神」という書を書き[4]、「細矛 千足のくにの 生魂や 受霊に結ぶ 神のさむはら」という書も書いた[5]という。

外部リンク[編集]

  1. ^ 飯尾憲士 『さむはら』 集英社、1994年ISBN 4087741036
  2. ^ 高橋英雄、植芝盛平 『武産合気』 白光真宏会出版局、1986年ISBN 4-403-61051-X
  3. ^ 「武産合気道」”. 2010年8月9日閲覧。
  4. ^ 「天之村雲九鬼さむはら ...」”.  天之武産塾合氣道々場. 2010年8月9日閲覧。
  5. ^ 植芝盛平翁遺墨ギャラリィ(道歌)”.  天之武産塾合氣道々場. 2010年8月9日閲覧。