水天宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
全国の水天宮の総本宮、久留米水天宮

水天宮(すいてんぐう)は、福岡県久留米市水天宮(久留米水天宮)を総本宮とし、日本全国にある神社である。全国の水天宮の総本山と言われている久留米市の水天宮、社伝によれば寿永4年(1185年)、高倉平中宮に仕え壇ノ浦の戦いで生き延びた按察使の局伊勢が千歳川(現 筑後川)のほとりの鷺野ヶ原に逃れて来て、建久年間(1190年 - 1199年)に安徳天皇と平家一門の霊を祀る祠を建てたのに始まる。伊勢は剃髪して名を千代と改め、里々に請われて加持祈祷を行ったことから、当初は尼御前神社と呼ばれた。そのころ、中納言平知盛の孫の平右忠が肥後国から千代を訪れ、その後嗣とした。これが現在まで続く社家・真木家の祖先である。幕末の志士・真木保臣は第22代宮司であり、境内社・真木神社に祀られている。 慶長年間(1311年 - 1312年)に久留米市新町に遷り、慶安3年(1650年)、久留米藩第2代藩主有馬忠頼によって現在地に社殿が整えられ遷座したのが現在総本宮である久留米水天宮である。 その後も歴代藩主により崇敬されたが、特に第9代藩主頼慶は、文政元年(1818年)に久留米藩江戸屋敷に分霊を勧請し、その後明治4年に現在の東京水天宮にご遷座された。 明治元年(1868年)には元神明宮に分霊され相殿に祀られる

祭神[編集]

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、安徳天皇、高倉平中宮(建礼門院、平徳子)、二位の尼(平時子)を祀るが、これとは異なる祭神の水天宮もある。

神徳・御利益・信仰[編集]

水と子供を守護し、水難除け、漁業、海運、農業、水商売、また安産、子授け、子育てについて信仰が厚い。水天宮の例大祭は5月5日であり、縁日は毎月5日(5日・15日・25日とすることもある)である。これについて総本宮の久留米水天宮では例大祭が5月5日であることから毎月の5日が縁日となったとしているが、東京の水天宮人形町)では逆に毎月の5日が縁日であることから例大祭が5月5日となったとしている。[要出典]またお産が軽いことにちなみ、の日は安産祈願の人で賑わう。

易占いとの関連性[編集]

周易の「水天需」と関係が深い[要出典]とされている。

全国の水天宮[編集]

主なもののみを記す。境内末社は含まない。名称に「水天宮」を含む宗教法人は全国で27社存在する(平沼神社など、正式な社名に「水天宮」を含まない神社を除く)。宗教法人格を持つ神社を以下に☆をつけて表す。

北海道・東北地方[編集]

関東地方[編集]

中部地方[編集]

近畿地方[編集]

中国・四国地方[編集]

九州・沖縄地方[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]