ウマシアシカビヒコヂ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウマシアシカビヒコヂは、日本神話に登場する天地開闢において現れた別天津神の一柱である。

概要[編集]

古事記』では宇摩志阿斯訶備比古遅神、『日本書紀』では可美葦牙彦舅尊と表記する。

『古事記』では、造化三神が現れた後、まだ地上世界が水に浮かぶ脂のようで、クラゲのように混沌と漂っていたときに、葦が芽を吹くように萌え伸びるものによって成った神としている。すなわち4番目の神である。『日本書紀』本文には書かれていない。第2・第3の一書では最初に現れた神、第6の一書では天常立尊に次ぐ2番目に現れた神としている。独神であり、すぐに身を隠したとあるだけで事績は書かれておらず、これ以降、日本神話には登場しない。

神名の「ウマシ」は「うまし国」などというのと同じで良いものを意味する美称である。「アシ」は、「カビ」はと同源で、醗酵するもの、芽吹くものを意味する。ここでは「アシカビ」で「葦の芽」のことになる。すなわち、葦の芽に象徴される万物の生命力を神格化した神である。一般的に活力を司る神とされる。

「ヒコヂ」は男性を表す語句であるが、この神は独り神であり性別を持たない。葦が芽吹く力強さから、中国から伝わった陰陽思想の影響により「陽の神」とみなされ、「ヒコ」という男性を表す言葉が神名に入ったものと考えられる。「ヒコヂ」は「コヒジ」(泥)の文字顚倒という説もある[1]

出雲大社島根県出雲市)本殿御客座、浮嶋神社愛媛県東温市)などに祀られている。

備考[編集]

  • 『古事記』には表記されていないが、『日本書紀』の一書には、「泥(ひぢ)の中に生(おおい)でるがごとし。すなわちかみ)と化成(な)る」とあり、人を神と訓読みさせている。谷川健一によれば、最初は「ひとつの物」であったものが、人の形を備えた時、カミと呼ばれることになり、それにふさわしい名前が与えられたものとする[2]

脚注[編集]

  1. ^ 坂本・家永・井上・大野校注『日本書紀(一)』岩波文庫、補注1- 一五
  2. ^ 谷川健一 『海島神話の誕生』 1987年。谷川は、「逆に言えば、記紀神話において、人の形を備え、固有名詞をもったカミは、元々「ひとつの物」としてのカミでしかなかった」としている。

関連項目[編集]