榊原政礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
榊原政礼
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文化3年2月11日1806年3月30日
死没 明治元年9月14日1868年10月29日
改名 榊原政賢(初名)→細川興民→榊原政礼
別名 伊織(通称)
戒名 高勝院
常陸谷田部藩嫡子
氏族 榊原氏細川氏→榊原氏
父母

父:榊原政令 母:豊姫 

養父:細川興祥
兄弟 政養政礼政忠政愛岡田善宝稲葉正誼
政敬、娘(井伊直安正室)

榊原 政礼(さかきばら まさのり)は、江戸時代後期から明治時代の武士常陸谷田部藩嫡子。越後高田藩主・榊原政令の三男。

生涯[編集]

文政10年(1827年)7月、常陸谷田部藩嫡子・細川興祥の養子となり、細川 興民(ほそかわ おきたみ)と名乗る。文政11年(1828年)、興祥の死により谷田部藩嫡子となるが、天保2年(1831年)4月13日、廃嫡され、実家の榊原家に戻った。

のち長男・政敬が越後高田藩榊原家の家督を継いだ。

なお、細川家は興祥の養父細川興徳筑後久留米藩有馬氏より興建を婿養子に迎えた。