榊原政愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

榊原 政愛(さかきばら まさちか、文化10年12月16日1814年2月5日) - 文久元年8月12日1861年9月16日))は、江戸時代後期の大名越後高田藩第5代藩主。榊原家13代当主。

第3代藩主・榊原政令の五男。母は豊姫。正室は水野忠邦の娘。従四位下、兵部大輔、式部大輔、侍従

天保10年(1839年)、先代藩主だった長兄・政養隠居家督を譲られた。文久元年(1861年)死去した。子がなかったため、跡を甥の政敬(三兄・榊原政礼の長男)が継いだ。

越後高田城三重櫓(新潟県上越市)