松平定逵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平定逵
時代 江戸時代中期
生誕 延宝5年(1677年
死没 享保3年9月10日1718年10月13日
別名 定達
戒名 斉西院殿寂誉天安大居士
官位 従五位下因幡守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家宣家継吉宗
越後高田藩
氏族 久松松平家定勝
父母 松平定重、駒井氏
兄弟 定富定逵定儀水野忠定定弘
柳生俊平定利、福姫、松平忠雅室、
松平宗弥正室ら
大久保忠朝養女・岩姫
烏丸光雄
定輝定倫、幾姫ら
千賀姫
テンプレートを表示

松平 定逵(まつだいら さだみち)は、江戸時代中期の大名定達とも。越後国高田藩2代藩主。定綱系久松松平家4代。官位従五位下因幡守

略歴[編集]

高田藩初代藩主・松平定重の五男として誕生。母は駒井氏。

元禄4年(1691年)に叙任する。正徳2年(1712年)9月7日、父の隠居により跡を継いだ。

享保3年(1718年)9月10日に42歳で死去し、跡を次男・定輝が継いだ。法号は斉西院殿寂誉天安大居士。

系譜[編集]