松平定逵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 定逵(まつだいら さだみち、延宝5年(1677年) - 享保3年9月10日1718年10月13日))は、越後高田藩の第2代藩主。定綱系久松松平家4代。

高田藩初代藩主松平定重の五男。母は駒井氏。正室は大久保忠朝の養女・岩姫(大久保忠増の娘)、継室は烏丸光雄の娘。子に松平定輝(次男)、松平定倫(三男)、お菟(山内豊常正室のち松平定賢正室)。官位は従五位下、因幡守。名は定達とも。

元禄4年(1691年)に叙任する。正徳2年(1712年)9月7日、父の隠居により跡を継いだ。

享保3年(1718年)9月10日に42歳で死去し、跡を次男の定輝が継いだ。法号は斉西院殿寂誉天安大居士。