松平定猷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平定猷
時代 江戸時代後期 - 末期(幕末
生誕 天保5年5月28日1834年7月4日
死没 安政6年8月22日1859年9月18日
改名 和之進(幼名)→定統(初名)→定猷→猷[1]
戒名 英哲院殿寛誉至徳健堂大居士
墓所 東京都江東区白河霊巌寺
官位 従四位下、越中守、侍従[1]
幕府 江戸幕府
伊勢桑名藩
氏族 久松松平家
父母 父:松平定和
母:孝姫島津重豪の娘)[1]
兄弟 豊子(福岡藩主、黒田長知正室)
正室:貞子真田幸良の長女)[1]
定教初子松平定敬正室)
養子:定敬

松平 定猷(まつだいら さだみち)は、江戸時代後期から末期の大名伊勢桑名藩の藩主。定綱系久松松平家12代。

生涯[編集]

先代藩主松平定和の長男。天保13年(1842年)、父の死により幼少の身で家督を継いだ[1]。しかし藩主就任の年、桑名で大火と飢饉が発生する。その後も嘉永7年(1854年)には安政東海地震が起こるなど、その治世は天災のために多難を極め、財政は天災に対する救済費、対策費から幕府の手伝い普請などで火の車となった。また水害が起こるなどもしたが、一方では豊作で藩蔵が満杯になって大坂からの借財も5年間はしなくなるなど、恵まれてもいたようである[1]

嘉永6年(1853年)、徳川家定が第13代将軍になると、家定の「定」の字を避けて(みち)と名乗った[1]。安政6年(1859年)、京都警護を命じられたが、藩内における財政窮乏問題などからの心労で病に倒れ、8月21日または22日に26歳で江戸で急死した[1]。死後、長男の定教は幼少で妾腹でもあったため、嫡出の娘・初子に婿養子の定敬を迎えて家督を継がせた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 郡 2009, p. 98.
  2. ^ 郡 2009, p. 130.

参考文献[編集]