松平定儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 定儀(まつだいら さだのり、延宝8年(1680年) - 享保12年9月25日1727年11月8日))は、越後高田藩の第4代藩主。定綱系久松松平家6代。

初代藩主・松平定重の六男。母は笹尾氏。子は松平定泰(次男)、娘(堀田正亮正室)、娘(酒井忠用正室)。官位は従五位下、越中守。

生涯[編集]

正徳2年(1712年)9月7日、本家から蔵米5000俵を分け与えられて、旗本として分家した。寄合衆に所属した。享保10年(1725年)10月11日、甥で先代藩主の定輝が早世したため、その跡を継いだ。同年12月7日、将軍徳川吉宗にお目見えする。同年12月18日、従五位下越中守に叙任する。享保12年(1727年)3月15日、お国入りする許可を得る。同年9月25日、高田で死去し、跡を養嗣子の定賢が継いだ。法号は大超院殿崇誉倒休大居士。